趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • ESP8266

    ESP8266に関連する自分の記事へのリンク集をここに集めたいと思います。時間軸順に参考になりそうなものを中心に集めてあります。他にも記事はありますが、そちらはESP8266カテゴリーで見てください。

    • 面白チップESP8266発見(2014年8月30日)
      ESP8266を初めて発見した際に書いた記事です。
    • ESP8266を使ったWiFiランプ(2014年12月29日)
      HackaDayで見つけた壊れた電気スタンドをWiFiで制御できる電気スタンドに改造する記事の紹介です。
    • ESP8266がArduino IDEでサポートされる(2015年3月30日)
      ArduinoIDEでESP8266がサポートされたのを発見した際の記事です。WiFiシールドの代わりとしてESP8266を使うのではなく、Arduino本体+WiFiシールドの代わりとしてESP8266が使えるようになった、というのを知った時の驚きといったらw。
    • esp8266用の環境を構築する(2015年4月8日、4月10日)
      ArduinoIDEを通して使うのではなく、直接ESP8266を使うSDKのビルド環境の構築方法です。お手軽にArduinoIDEを通してESP8266の恩恵を受けよう、という場合には関係ありません。
      環境構築後、MicroPythonをビルドした際の記事はこちらです。
      しかし、このESPの大文字・小文字のゆらぎは何でしょうねw。
    • ESP8266のファームウェア更新(2015年7月10日)
      ESP8266を搭載したモジュールESP-12のファームウェアを更新した際のメモです。
    • Linux版ESP-8266用ArduinoIDEのインストール(2015年7月10日)
      LinuxMint環境でESP8266モジュール対応のArduinoIDE環境を構築する方法を記載した記事です。後日、ArduinoIDEのボードマネージャが開発版と安定版にわかれましたので、追記してあります。
    • ESP-8266用ArduinoIDEでサンプルを動かす(2015年7月11日)
      上記の記事で環境構築した後、WiFiを使うサンプルプログラムを動かすまでの手順です。
    • Heroku+Node.jsでHelloWorldしてみた(2015年7月24日〜26日)
      ESP8266をIoTクライアントとして動作させた時に問題になるのがクラウド側です。クラウド側にHerokuを使ってみることができるか勉強した際の記録です。Herokuでのアカウント作成、ローカル側の環境構築、サンプルアプリの動作確認、新規プログラム作成とローカルおよびHerokuでの動作確認までを記録しています。(その1その2その3その4
    • ESP8266からherokuにデータを送ってみる(2015年7月26日)
      上記でHerokuにデプロイしたプログラムにArduinoIDE環境にてESP8266からHerokuにデータを送信、PC上のGoogle ChromeブラウザにてHerokuに送信されたデータの読み取りができることを確認しました。
    • ESP8266でjumpwire.ioを試してみた(2015年8月9日)
      クラウド側のプログラム作成をせずにArduinoIDEからクラウドとデータをやりとりができるjumpwire.ioを試してみました。ESP8266に接続されたスイッチの状態をブラウザ(スマホも可)で読み取ったり、ESP8266に接続したLEDをブラウザで点灯・消灯させたりできることを確認しました。

    参考になりそうなものはこのくらいでしょうか。忘れなかったら追加していきますw。