趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • Python2.7のプログラムをexe化する

    投稿日 2018年 6月 11日 コメントはありません

    次に、Python2.7で作ったプログラムを配布用にexe化してみます。
    まず、仮想環境を作ります。

    D:\virtual-python>py -2 -m virtualenv py2exe1 --system-site-packages
    New python executable in D:\virtual-python\py2exe1\Scripts\python.exe
    Installing setuptools, pip, wheel...done.
    D:\virtual-python>cd py2exe1
    D:\virtual-python\py2exe1>scripts\activate.bat
    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1>

    次に、py2exeをインストールします。試しにpipでやってみると、

    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1>py -2 -m pip install py2exe
    Collecting py2exe
    Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/e9/a9/040d38b60bca5b19ff5599a6cbe52b4b9a4fb27986a44fc35f72d9e729e6/py2exe-0.9.2.2.zip (129kB)
    100% |################################| 133kB 2.3MB/s
    Complete output from command python setup.py egg_info:
    Traceback (most recent call last):
    File "<string>", line 1, in <module>
    File "c:\users\xxxxxxxx\appdata\local\temp\pip-install-xhrt4i\py2exe\setup.py", line 10, in <module>
    raise RuntimeError("This package requires Python 3.3 or later")
    RuntimeError: This package requires Python 3.3 or later
    
    ----------------------------------------
    Command "python setup.py egg_info" failed with error code 1 in c:\users\xxxxxxxx\appdata\local\temp\pip-install-xhrt4i\py2exe\
    
    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1>

    ということで、pipでインストールできるpy2exeはpython3.3以降が必要、ということでエラーになります。ですので、sourceforgeから2.7用のインストーラをダウンロードしてきて実行します。インストーラはexe形式のGUIになっていて、デフォルトでは大元のsite-packagesの下にインストールされるようです。

    exeに変換するにはセットアップスクリプトが必要なようですので、まずは以下の内容で作成しました。

    from distutils.core import setup
    import py2exe
        
    option = {
        'compressed' : 1,
        'optimize' : 2,
        'bundle_files' : 1,
    }
    
    setup(
        options = {
            'py2exe' : option ,
        },
        console = [
            {'script' : 'main.py'}
        ],
        zipfile = None,
    )

    今回は、メインのスクリプト(処理が始まるところ)は main.py なので、main.py を指定。bundle_filesに1を指定すると、生成したexeファイルにランタイムdllを含めてくれるので、配布が楽になります。(代わりにサイズが大きくなります)

    自作のログ解析ツールをLOGというサブディレクトリにソースコードを一式置いてexe化してみました。

    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1>cd LOG
    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1\LOG>python setup.py py2exe
    running py2exe
    creating D:\virtual-python\py2exe1\LOG\build
     :
     :(途中略)
     :
    copying C:\Python27\DLLs\unicodedata.pyd -> D:\virtual-python\py2exe1\LOG\build\bdist.win32\winexe\collect-2.7
    *** copy dlls ***
    copying C:\WINDOWS\system32\CRYPT32.dll -> D:\virtual-python\py2exe1\LOG\build\bdist.win32\winexe\collect-2.7
    copying C:\WINDOWS\system32\python27.dll -> D:\virtual-python\py2exe1\LOG\build\bdist.win32\winexe\bundle-2.7
    setting sys.winver for 'D:\virtual-python\py2exe1\LOG\build\bdist.win32\winexe\bundle-2.7\python27.dll' to 'py2exe'
    copying C:\Python27\lib\site-packages\py2exe\run.exe -> D:\virtual-python\py2exe1\LOG\dist\main.exe
    Adding python27.dll as resource to D:\virtual-python\py2exe1\LOG\dist\main.exe
    The following modules appear to be missing
    ['ElementC14N', '_scproxy', 'cElementTree', 'distutils.command', 'distutils.command.build_ext', ... ]
    
    *** binary dependencies ***
    Your executable(s) also depend on these dlls which are not included,
    you may or may not need to distribute them.
    
    Make sure you have the license if you distribute any of them, and
    make sure you don't distribute files belonging to the operating system.
    
       OLEAUT32.dll - C:\WINDOWS\system32\OLEAUT32.dll
       USER32.dll - C:\WINDOWS\system32\USER32.dll
       SHELL32.dll - C:\WINDOWS\system32\SHELL32.dll
       ole32.dll - C:\WINDOWS\system32\ole32.dll
       ADVAPI32.dll - C:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll
       WS2_32.dll - C:\WINDOWS\system32\WS2_32.dll
       GDI32.dll - C:\WINDOWS\system32\GDI32.dll
       KERNEL32.dll - C:\WINDOWS\system32\KERNEL32.dll
    
    (py2exe1) D:\virtual-python\py2exe1\LOG>

    それほど時間がかからずに処理が終わり、buildとdistというサブディレクトリができて、distの下にmain.exe という実行ファイルが作成されていました。今回の場合はサイズは6MBほど、できた実行ファイルを実行してみると、特に問題なく動作しました。

    ということで、意外にあっさりexe化に成功しました。


  • Windows10にPython環境を構築

    投稿日 2018年 6月 10日 コメントはありません

    訳あって、Windows10(たまたま32bit版)上でPythonの環境を構築しています。
    で、Python2.7系とPython3系を同時に使いたいのと、Pythonの仮想環境を利用したい(作ったスクリプトを他人に使わせるには必要なパッケージが明確になってないといけない)ので、いろいろ調べながらやってます。

    1.Pythonのインストール

    まず、Python3系をインストーラを使ってインストールします。インストール時には「Add Python to environment variables」のチェックは外しておきます。py.exeに起動するPythonを選ばせるためみたいです。

    次に、Python2系をやはりインストーラを使ってインストールします。インストール時には「Register Extensions」を外します。

    インストールできたかどうかは

    C:\>py -2 -V
    C:\>py -3 -V

    としてそれぞれPython2系、Python3系が起動できているか確認します。

    2.virtualenvのインストール

    Python2系用の仮想環境を作成するvirtualenvをインストールします。

    デフォルトの文字コードがasciiだと失敗するようなので、デフォルトの文字コードを変更します。C:\Python27\Lib\site-packages の下に、sitecustomize.py という名前で以下のファイルを作成します。

    import sys
    sys.setdefaultencoding('cp932')

    作成したら、反映されていることを確認します。

    c:\Python27>py -2
    Python 2.7.15 (v2.7.15:ca079a3ea3, Apr 30 2018, 16:22:17) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on win32
    Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
    >>> import sys
    >>> sys.getdefaultencoding()
    'cp932'
    >>>

    次に、pipをバージョンアップします。

    c:\Python27>py -2 -m pip install --upgrade pip
    Collecting pip
    Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/0f/74/ecd13431bcc456ed390b44c8a6e917c1820365cbebcb6a8974d1cd045ab4/pip-10.0.1-py2.py3-none-any.whl (1.3MB)
    100% |################################| 1.3MB 451kB/s
    Installing collected packages: pip
    Found existing installation: pip 9.0.3
    Uninstalling pip-9.0.3:
    Successfully uninstalled pip-9.0.3
    Successfully installed pip-10.0.1
    
    c:\Python27>

    次に、virtualenvをインストールします

    c:\Python27>py -2 -m pip install virtualenv
    Collecting virtualenv
    Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/b6/30/96a02b2287098b23b875bc8c2f58071c35d2efe84f747b64d523721dc2b5/virtualenv-16.0.0-py2.py3-none-any.whl (1.9MB)
    100% |################################| 1.9MB 2.2MB/s
    Installing collected packages: virtualenv
    The script virtualenv.exe is installed in 'C:\Python27\Scripts' which is not on PATH.
    Consider adding this directory to PATH or, if you prefer to suppress this warning, use --no-warn-script-location.
    Successfully installed virtualenv-16.0.0
    
    c:\Python27>

    3.virtualenvを使ってみる

    早速Python2.7の仮想環境を作ってみます。

    D:\>mkdir virtual-python
    D:\>cd virtual-python
    D:\virtual-python>py -2 -m virtualenv testenv
    New python executable in D:\virtual-python\testenv\Scripts\python.exe
    :
    :(中略)
    :
    File "D:\virtual-python\testenv\lib\ntpath.py", line 85, in join
    result_path = result_path + p_path
    UnicodeDecodeError: 'ascii' codec can't decode byte 0x82 in position 7: ordinal not in range(128)
    ----------------------------------------
    :
    :(中略)
    :
    OSError: Command D:\virtual-python\testenv\Scripts\python.exe - setuptools pip wheel failed with error code 2
    D:\virtual-python>

    ということで、エラーになってしまいます。で、エラーの原因はまた「UnicodeDecodeError」です。
    原因は、どっかにあるvirtualenv.pyの中で文字コードがascii決め打ちになっているsite.pyを仮想環境の中に展開して、それを使ってしまうために起きているように見えます。
    いろいろやってみると、virtualenvを再実行しても一旦ディレクトリを消したりはしないようですので、これを逆手にとって、一度実行してエラーになってから、sitecustomize.py をコピーしてやるととりあえず最後まで処理が進むようです。
    具体的には、上記の例の場合、エラーになってから、sitecustomize.py をコピーしてきてから再度 virtualenv を起動します。(注:そんなことをしなくてもいい方法がありました・・・後のほうに書いてあります

    D:\virtual-python>copy C:\Python27\Lib\site-packages\sitecustomize.py d:\virtual-python\testenv\Lib\site-packages\.
    1 個のファイルをコピーしました。
    D:\virtual-python>py -2 -m virtualenv testenv
    New python executable in D:\virtual-python\testenv\Scripts\python.exe
    Installing setuptools, pip, wheel...done.

    ということで、旨くいきました。仮想環境への移行も

    D:\virtual-python>cd testenv
    D:\virtual-python\testenv>Scripts\activate.bat
    (testenv) D:\virtual-python\testenv>python -V
    Python 2.7.15
    (testenv) D:\virtual-python\testenv>
    

    でうまくいくようです。
    この上で、scriptsフォルダの下にあるactivate.batを動かして仮想環境に移行後、python2用に作成したスクリプトを動かしてみましたが、無事に動作しました。

    直後に追記)
    こんな回りくどいことをしなくても、–system-site-packages と付ければOKのようです。
    (下記1行目がその例です)

    D:\virtual-python>py -2 -m virtualenv testenv2 --system-site-packages
    New python executable in D:\virtual-python\testenv2\Scripts\python.exe
    Installing setuptools, pip, wheel...done.
    D:\virtual-python>cd testenv2
    D:\virtual-python\testenv2>Scripts\activate.bat
    (testenv2) D:\virtual-python\testenv2>python -V
    Python 2.7.15
    (testenv2) D:\virtual-python\testenv2>python
    Python 2.7.15 (v2.7.15:ca079a3ea3, Apr 30 2018, 16:22:17) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on win32
    Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
    >>> import sys
    >>> sys.getdefaultencoding()
    'cp932'
    >>>

    4.venvを使ってみる

    Python3系用の仮想環境のvenvを使ってみます。こちらはpython3系には標準で入っているので簡単です。使い方はvirtualenvとほぼ同じ。

    D:\>cd virtual-python
    D:\virtual-python>py -3 -m venv testenv3
    D:\virtual-python>cd testenv3
    D:\virtual-python\testenv3>Scripts\activate.bat
    (testenv3) D:\virtual-python\testenv3>python -V
    Python 3.6.5
    (testenv3) D:\virtual-python\testenv3>

    でPython3系が動くことが確認できました。


  • インテルベースのシングルボードコンピュータ

    投稿日 2016年 11月 24日 コメントはありません

    たまたま見かけたのですが、「Raspberry Pi 3に対抗する(?)」インテルベースのシングルボードコンピュータがいくつか出てきているようです。

    最初にみかけたのが LattePanda です。最初にみつけたYouTubeの動画などによると、

    • IntelのQuad CoreのCPU(Cherry Trail 1.8GHz)
    • ストレージは32GBのeMMC
    • RAMは2GBと4GBの2種類
    • RAMが2GBのモデルにはWindows10付きのものもある
    • USB3.0×1、USB2.0×2、WiFi + Bluetooth4.0、HDMI、100Mbps Ethernet、MicroSDスロット
    • Arduino対応のGPIO、Cheery TrailのGPIO
    • 電源は5V 2A

    と仕様のようです。で、メモリ2GBのOSなしが$79、メモリ2GBのWindows10モデルが$109、メモリ4GBのOSなし?が$139のようです。ディストリビュータはDFRobotのようなのですが、LattePandaのWebサイトからAmazon Japanのページに飛んでくると、4GB版が19,999円になっています。で、この4GB版の商品説明が微妙で、

    2016-11-24

    で、なんのこっちゃ?なのですが、要はWindows10はインストールされているのだけど、ライセンスキーは付属しない、ということのようです。騙されて(?)買っちゃった人のレビューが載ってます。$109でOS有りだと、まあ面白いかも、なのですが、いくら4GBといえども、2万円でOS無しだとあまり買う意味無いですね・・・。また、Raspberry Pi 3との比較ビデオもあって、これを見ると、Intelプロセッサだけどあまり速くない。というか、Raspberry Pi 3が思ったよりも速いというか、やっぱWindows10重いというか、そんな感じでしょうか。

    次に見かけたのがUDOO X86です。こちらはKICK STARTERでキャンペーンやってた(?)みたいです(やってるけど日本からは注文不可?)。公式Webの内容とKICK STARTERの内容で差があるのですが、公式Webの記載によると、

    • Intel の Quad Core CPU(Braswell で最大2.56GHzまでのモデルがある?)
    • メモリはDDR3L で 2GB/4GB/8GB
    • HDMIとDP×2(4K画像が3画面出せるような記述あり)
    • eMMC最大32GB(Webサイトでは安価なモデルはeMMCなし、KICKSTARTERでは8GB)
    • SATAコネクタ、M.2 SSDスロット、MicroSDスロット(KICKSTARTERではMicroSDからブートできるような記載もあります)
    • USB3.0×3ポート
    • Gigabit Ether
    • ArduinoコンパチのI/Oポート
    • その他

    ということみたいです。KICKSTARTERでは

    • 2GHzのCPU、RAM2GB、eMMC8GBのものが$89(売り切れ)
    • 2.24GHzのCPU、RAM4GB、eMMC8GBのものが$109
    • その他

    のようで、Webサイトで受け付けているPREORDERでは、

    • Atom X5-E8000 2GHz、RAM2GB、eMMCなし、ACアダプタ付きで$125
    • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMCなし、ACアダプタ付きで$149
    • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$165
    • Pentium N3710 2.56GHz、RAM8GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$259

    となっています。まあ、小さいPCとしてみると魅力的に見えないこともないのですが、送料とか関税(かかるのかな?)とか考えるとイマイチ感もありますね。


  • Windows7のMBRを復旧させる

    投稿日 2016年 6月 12日 2個のコメント

    lenovoのノートPCをWindows7とUbuntu17.1のデュアルブート(増設したmSATAのSSDにUbuntuをインストール)で使っているのですが、そろそろWindows10へのアップグレードをやるか、ということでアップグレードをトライ・・・してみたものの、うまく行きません。

    そこで、mSATAのSSDを外してみたものの、grubのコマンドプロンプトが出るばかりでWindows7が起動しなくなってしまいました。

    ・・・・で、ぐぐってみたところ、MBRの書き戻し(修復)が必要な模様。

    検索すると出てくるのは

    1. Windowsの起動ディスクやリカバリディスクで起動して、bootrecコマンドで修復する
    2. UbuntuのライブDVDで起動して、ms-sysコマンドで互換MBRを書き込む

    という方法でした。

    前者はディスク探すのが面倒、後者はわざわざライブDVD(USBでもいいんだろうけど)作るのが面倒だなぁ、と思ってどうしたものかと考えていたところ、

    SystemRescueCDに含まれてんじゃない?

    と思ってSystemRescueCDで起動してみたら、案の定ありました。

    $ ms-sys -7 /dev/sda

    で復旧完了。Windows7で起動してくれるようになりました。
    真似するときは、ちゃんとms-sysのドキュメントを読んでくださいね。

    <追伸>
    無事にWindows10へのアップグレードも成功しました\(^o^)/


  • SanDisk Ultra Fitを買ってみた

    投稿日 2015年 3月 7日 コメントはありません

    秋葉原でUSB3.0の小さなSanDiskブランドのUSBメモリを見かけたので買ってみました。

    購入したのはSanDisk Ultra Fit 64GBで4000円弱だったでしょうか。

    早速、ベンチマークしてみました。

    まずは、USB2.0ポートに接続した場合です。

    SanDiskUltraFit-HighSpeed

    読み込みはHiSpeedの上限と思われるところに張り付いていますが、書き込みは不規則にスピードが変わるようです。

    次に、USB3.0で接続した場合です。都合により、USB3.0のHUB経由での接続になります。

    SanDiskUltraFit-SuperSpeed

    読込速度は速くなりましたが、書き込みは相変わらずで、平均ではかえって遅くなってしまっています。

    OSをこれからインストールしてみますが、気になるのはこのUSBメモリはかなり発熱することです。この小ささですので、熱で故障するんじゃないかと思います。5年保証とパッケージには書いてありますが、本当に5年も持つのか怪しい気がします。


  • そろそろJavaのインストールやめたくなってきた

    投稿日 2015年 2月 21日 コメントはありません

    Webを使おうとすると事実上さけられない(こともないか・・・?)Javaですが、WindowsでJavaをインストールするとセットでask.comツールバーをインストールしようとしてきます。

    ask

    もちろん、これらのチェックは外すわけですが、なおもよく文面をよむと、最後に書かれている「残りのインストールを続行します」の対象がよくわからないことに気がつきます。

    チェックを外せばSearch App by Askのインストール自体がされない(=残りのインストールとはJavaのことを指す)のか、それともSearch App by Askのインストールはするけど「デフォルト検索プロバイダに設定してキープする」「ブラウザのホームページをAsk.comにする」というチェックを外した項目だけをやらない(残りのインストールというのはSearch App by Askのインストールを指す)ということなのか、不明確です。

    「取消し」を選んでしまうと結局Javaがアップデートされないのでチェックを外して「次へ>」を押すしかないようなのですが、どなたか実際どうなのでしょう?

    コントロールパネルをみてもそれらしいアプリは増えていないようなので大丈夫なのではないかは思うのですが・・・・。


  • DataNitro社の「Python in Excel」

    投稿日 2015年 2月 14日 コメントはありません

    Pythonについて調べ事をしていたらTechCrunchの記事で見つけました。

    ExcelのマクロというかスクリプトとしてPythonを使えるようにするプラグインで「Python in Excel」というそのものずばりの名称のものがあるようです。

    Excelでの手抜き処理とPythonでの強力なテキスト処理とを組み合わせれば様々な分析が楽になりそうです。

    仕事で使えるとすごく楽そうなんですけどね・・・。


  • Raspberry Pi 2が登場!

    投稿日 2015年 2月 3日 コメントはありません

    なんと、RaspberryPiに後継のRaspberryPi2が登場しました。(http://www.raspberrypi.org/のトップページも同じページに差し替わってます)

    raspi2

    (画像は公式ページからの借り物です)

    モデルB+と比較するとRaspberryPi2はこんな変化のようです。

    • CPUはArm11-700MHZからクワッドコアのCortex-A7 900MHzへ
    • メモリは512MBから1GBへ

    ハードウェアはCPUコアとメモリ以外には大きな変更はなく、完全コンパチを保つようです。CPU性能は6倍なんだそうな。

    ・・・が、大きな驚きが一つ。なんと、

    MicrosoftがRaspberryPi2版のWindows10を無償で提供

    されることになるんだそうです。

    その他、

    • 価格は据え置き$35
      (日本円だとだいぶ上がっちゃいましたが・・・)
    • 従来のRaspberry Pi Model BやModel B+は継続販売
      お値段は変わらず$35。まあ、教育用とかで数揃えてるところへの配慮でしょう。故障した分だけ購入したいという要求があるでしょうから。
    • 従来のRaspberry Pi Model Aも継続販売。2015年末まではRaspberry Pi 2版のModel Aの計画はなし

    といったところで、もう販売されているようです。

    ちなみにSoCの名前はBCM2835からBCM2836へ。まあ、なんというか、多分Raspberry Pi 2専用のSoCなのでしょう。数百万個でるならそれもありかと。コンパチビリティはRaspberry Piのエコシステムを使い続ける上で必要でしょうし、性能強化版の専用SoCを起こすにしても変更箇所は少ないほうがいいですから。

    Raspberry Pi 2版のWindows10のアナウンスは「Windows 10 for Raspberry Pi 2」にあります。「Windows Developper Program for IoT」というサイトからリンクが張られています。

    つい最近、開けてないModel Bがあるにも関わらず、Model B+を買ったばっかりなのに・・・なんということでしょう。

    でも多分買っちゃうと思います。きっとRaspiで動かしているOpenVPNも速くなってくれると思うので。


  • Chromium OSを試してみる

    投稿日 2014年 11月 16日 コメントはありません

    余っているUSBメモリ(っていっぱいあるんですけど)があったのと、Chromium OSがUSBメモリから起動できる、という話を見かけたので試してみることにしました。

    こちらのatmarkITの記事を参考にしてやってみます。

    1.p7zipのインストール

    atmarkITの記事によると、デイリービルドされたChromiumOSのイメージがこちらのサイトで公開されているということなのですが、なぜかイメージは7z形式なのです。

    Windows環境であれば7-zipをインストールすればいいのですが、Linux環境なので7zを展開する方法を用意しなければなりません。(まあ、Windowsマシン立ち上げてもいいのだけど、ここはやはりLinuxで、ということで)

    そこで、SourceForge.jpからp7zipをソースコードパッケージをダウンロードしてきてビルド・インストールします。

    余談ですが、SourceForgeの偽ダウンロードリンク(広告)、何とかならないんですかね。
    おそらくリンク先はマルウェアだらけのような気がするんですが。なかには何の説明もなく「ダウンロード」ボタンを模したものもあって、よーく見ないと本物の正しいダウンロードリンクがわからないんですよね。はっきりいって酷すぎです。

    余談はさておき、展開してインストールします。

    $ tar xvfj p7zip_9.20.1_src_all.tar.bz2
    $ cd p7zip_9.20.1
    $ cp makefile.linux_any_cpu_gcc_4.X makefile.linux
    $ make -j 2 all_test 
    $ sudo ./install.sh

    これでインストール完了です。

    2.ChromiumOSのバイナリイメージダウンロード

    こちらの Chromium OS Builds の daily ビルドの中から32bit版のCx86OS-2014mmddhhmmss.img.7zをダウンロードしてきます。

    3.イメージの展開

    ダウンロードしたイメージを展開します。

    $ 7za x Cx86OS-20141115110454.img.7z
    7-Zip (A) [64] 9.20 Copyright (c) 1999-2010 Igor Pavlov 2010-11-18
    p7zip Version 9.20 (locale=ja_JP.UTF-8,Utf16=on,HugeFiles=on,2 CPUs)
    Processing archive: Cx86OS-20141115110454.img.7z
    Extracting Cx86OS-20141115110454.img
    Everything is Ok
    Size: 2589949952
    Compressed: 313970318
    $

    4.USBメモリへの書き込み

    USBメモリを挿入し、適当な方法(ディスクユーティリティなど)でUSBメモリのデバイスファイル名を調べます。USBメモリをアンマウントした状態で、

    $ sudo dd if=Cx86OS-20141115110454.img of=/dev/sdx bs=16M

    としてUSBメモリにイメージを書き込みます。

    書き込みが完了したところでsyncして、USBメモリを差し直してみました。ディスクユーティリティでみてみると、

    Screenshot

    となっていて、大量にパーティションができていました。
    (ちなみに、いくつかのパーティションが勝手にマウントされてしまうので、抜くにはたくさんアンマウントしなければなりません)

    5.起動してみる

    IdeaPad S10-2に挿入して起動してみます。挿入してUSBブートさせてしばらく(15~20秒くらいか?)待つと、Welcome画面がでてきました。

    言語およびキーボードで日本語を選んだ所まではよかったのですが、残念ながら内蔵の無線LANは認識していないようです。しかたがないのでイーサネット接続します。(2回目の起動の際に、手元にあったBUFFALO WLI-UC-GNMを挿しておいたら認識して暗号化キーをいれてやると使うことができました)

    とりあえず、起動して使うことはできましたが、AtomN270では荷が重いのか、それともUSBメモリがそもそも遅いからなのかわかりませんが、結構もっさりです。LinuxMint17上でChromeで動かした時よりも遅いのはUSBメモリのせいでしょうね。

    ChromiumOSでは本来ローカルディスクは見える必要はないのではないかと思っているのですが、残念ながらローカルディスクが見えてしまうようです。見えなければいつでもどこでも心配なく使えるかと思ったのですが・・・。


  • USB-HDDにUbuntu14.04LTSをインストール

    投稿日 2014年 11月 2日 コメントはありません

    故あって、ある調査のための環境としてUbuntu14.04LTS 日本語RemixをUSBハードディスクにインストールしています。さすがに一般向けにどこにでも書かれているようなことはここでは省略して、特殊なこと、自分にとっての備忘録になることをメモしておきます。

    PCはマザーボードはH61M-ITX、CPUはCeleronG530、メモリは8GB搭載です。DVDで起動する前にBIOSの設定でSATAをDisableにしておきます。この状態でUSB-DVDROMからインストールDVDを起動します。DVDを起動したら、USB-HDD(今回はUSB2.0のHDDケースに1TBのHDDを搭載したもの)を接続し、普通通りインストールします。

    インストール後、再起動したところからです。特に何もしなくてもBIOSでUSB-HDDから起動する設定になっていれば起動するはず。

    1. ソフトウェアの更新
      まずはソフトウェアの更新をします。Dashの一番下にアイコンが現れるので、更新してやります。
    2. セキュリティとプライバシーの変更
      Dashのアイコンの歯車とスパナの絵が描かれたアイコンをクリックし、システム設定を開きます。その中の「セキュリティとプライバシー」をクリックし、今回は人に貸すためのHDDなので、「ファイルとアプリケーション」の「利用状況を記録」をOFFにして、利用履歴データをクリアします。
      次に、「検索」の「オンライン結果の検索結果を含める」を「オフ」にします。これでDashのアイコンで何かを入力した時にオンライン検索をしなくなるようなので、軽快になります。
      その他の項目は適当に設定します。
    3. 「言語サポート」をクリックすると「インストールが完全ではない」旨の表示が出るので、インストールを行います。
    4. 端末を開く
      Dashの検索画面で「端末」と入力し、端末(Terminal)を開いてコマンドライン作業ができるようにします。
    5. 内蔵HDDを見えないようにする
      起動時のカーネルパラメータでlibataを禁止して内蔵HDDを見えないようにします。
      /etc/default/grub を開いて、 「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT」の起動時オプションに「libata.force=disable」を追加します。ついでに同じ箇所のオプションの「quiet」を取って起動時のメッセージを表示させるようにします。
      修正後は、
      $ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
      としてgrub.cfgファイルを自動生成させて反映させます。
      この後、BIOSのSATA禁止を解除して再起動して、PCの内蔵HDDが見えないことを確認します。
    6. USBハードディスクへのアクセス高速化
      HDDアクセス時のアクセス時刻の記録を停止してアクセスを減らすとともに、/tmpをtmpfsにより確保してHDDへのアクセスをなくします。/etc/fstab を以下のように修正します(赤字部分)。
      # / was on /dev/sda1 during installation
      UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx / ext4 noatime,errors=remount-ro 0 1
      # swap was on /dev/sda5 during installation
      UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx none swap sw 0 0
      # tmpfs
      tmpfs /tmp tmpfs defaults,noatime 0 0
    7. システム時計が狂うのを直す
      /etc/default/rcS の中の「UTC=yes」を「UTC=no」に修正
    8. synapticのインストール
      Ubuntuにはsynapticパッケージマネージャがデフォルトではインストールされていませんので、インストールします。
      Dashで「ソフトウェア」と入力し、「ソフトウェアセンター」を探して起動します。
      検索ウインドウにて「synaptic」と入力して、「synapticパッケージマネージャ」を選択してインストールします。
    9. Ubuntu restricted extrasのインストール
      Ubuntuソフトウェアセンターから「Ubuntu restricted extras」を検索してインストール。途中でライセンスに同意するウインドウがソフトウェアセンターの下に表示されるので、時々チェックしながら先に進めます。
    10. いろいろインストール
      DashからSynapticを起動し、いろいろインストールします。
      ・GIMP
      ・clamtk
      ・jhead
    11. 有線LANの禁止(無線LANのみで使用)
      miiモジュールのロードを阻止して有線LANを禁止します。
      /etc/modprobe.d/blacklist.conf に以下の行を書き加えます。
      # disable wired ethernet
      install mii /bin/false
      この記述を追加した後、
      # sudo update-initramfs -u
      として反映させます。

    以上で完了です。
    実際にはここからさらに必要なものを順次インストール・環境構築することになります。