趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • スノボ+電子工作?

    投稿日 2014年 5月 18日 コメントはありません

    たまたま見かけたYouTubeビデオ。スノーボードの滑走面にシートヒーターを内蔵してバッテリで加熱。滑走性を高めてよりスピードが出るようにしよう、ということらしい。

    滑走前に通電して温度を測ると華氏128度=摂氏53℃くらいでワックスが融ける温度・・・ということみたいですなぁ・・。
    他にもいろんなスノーボードを作って楽しそう(^^;

    メーカーの日本語のFacebookのページがありました・・・
    https://ja-jp.facebook.com/SignalSnowboardsJAPAN


  • 改めてAvidemuxで編集してみた

    投稿日 2013年 8月 10日 コメントはありません

    Pokopenさんより昔の記事について「Avidemuxで色補正した後の保存方法がわからない~」という助けてメッセージをいただきました。

    そういうわけで、どうだったか思い出しつつ、確認してみることにしてみました。

    今回の環境はLinuxMint13 32bit版です。

    続きを読む »


  • YouTubeの動画をBMPに分解する

    投稿日 2012年 11月 7日 コメントはありません

    ちょっと訳あって、YouTubeの動画をBMPファイルに分解してサイズを縮小してみました。
    環境はいろいろ訳あって、仮想マシン上のUbuntu10.04LTS 32bitです。

    続きを読む »


  • mjpeg-streamerに再挑戦

    投稿日 2012年 10月 7日 コメントはありません

    uvccaptureではサイズを大きく(VGAにすると)帰ってこなくなりました。一方で、mjpeg-streamerはデフォルトがVGAサイズのようです。
    ・・・・というわけで、サイズを小さく指定してみました。

    続きを読む »


  • mjpeg-streamerでストリーミング

    投稿日 2012年 10月 5日 コメントはありません

    これはみんなやっていることなので、完全に自分用のメモですが、Raspberry PiにUSB接続のUVCカメラを接続して、ストリーミングを試してみました。

    続きを読む »


  • TimeLapse動画で空を撮ってみました

    投稿日 2012年 6月 19日 コメントはありません

    ちょっと前に作ったTimeLapse用タイマーを使ってTimeLapse動画で空を撮ってみました。

    撮影に使用したカメラはSP-560UZで、場所は自宅ベランダから。撮影したJPG画像をAviDemuxで合成しています。合成の際にCROPをかけて空以外のもの(建物など)は切り落としています。(避雷針が残っちゃってますが、気にならないのでよしとしましょう)

    1回目

    マニュアルフォーカス、撮影条件(シャッタースピード、絞り)もマニュアルです。

    撮影中は放置してあったのですが、ご覧の通り途中から曇り出して空が暗くなったために真っ暗な画像になってしまいました。

    2回目

    撮影条件がマニュアルだと空の明るさに追従できなくなるので、絞り優先に変更して続きを撮影してみました。もう夕方なのでかなり暗かったです。

    既に空一面曇りなのでナニですが、途中で空がどんどん暗くなるのに、カメラがシャッタースピードを自分で調整して明るさに追従してくれています。

    お手軽に撮影する分にはこちらの方が良さそうです。


  • 動画の色調整

    投稿日 2012年 5月 7日 4個のコメント

    水中動画の方も色調整したいので方法を調べています。インストール対象はいつもの通り(?)、LinuxMint11の64bit版です。

    1.avidemuxのインストール

    (1)事前準備

    こちらの記述を参考にして環境を整えます。

    $ sudo apt-get install libxml2-dev gcc g++ make cmake pkg-config libpng12-dev fakeroot yasm
    $ sudo apt-get install libgtk-3-dev
    $ sudo apt-get install libqt4-dev
    $ sudo apt-get install libaften-dev libmp3lame-dev libx264-dev libfaad-dev libfaac-dev

    (2)ダウンロード

    sourceforgeからファイルを入手します。今回の場合、avidemux_2.5.6.tar.gz です。

    (3)環境構築

    再びこちらの記述を参考にして環境構築します。

    $ bash bootStrap.sh --deb

    rootのパスワードを聞かれて、入力すると環境構築が始まります。

    ・・・・・で、うまくいかないとか思ってたら、avidemuxはapt-getでインストール可能でした。
    (つまりここまでの苦労は意味がなかった・・・・) 

     

    2.使ってみる

    まずファイルを開きます。

    その次に「映像」の項目で、「M-JPEG」を選択します。いきなりMP4などでもいいのですが、エンコードは別のHandBrakeなどにまかせるとして、ここでは色調整を手早くすませるためにM-JPEGまでにします。
    さらに、映像のフィルタで「色」のところの「Avisynth ColorYUV」で「自動白色調整」をチェックします。
    次に、音声の項目で「MP3(lame)」を選択しますが、これはよくわかりません。
    形式は「AVI」にしました。

    その上で、「保存」で映像を保存します。

     3.効果

    まず補正前の映像です。→補正前SAMPLE
    次に補正後の映像です。→補正後SAMPLE
    (ファイルを保存して開いてみてください。H.264で圧縮し直しているので再生環境が必要です。)

    全体が真っ青で青い魚がいるのがわかりにくかったのが容易に見えるようになっています。


  • LinuxMintでDVD再生する方法

    投稿日 2012年 1月 16日 1つのコメント

    最近、スタートレックのTNGのDVDBOXを買いました。昔からずっと欲しかったのですが、コンプリートするとあまりに金額が高くなることから諦めていました。(学生時代に深夜に毎週のように放送していましたし、社会人になってからもCSのスーパーチャンネルで概ね見ていたというのもあったのですが・・・)

    しかし、ふとAmazonで見ると、昔に比べるとかなり安くなっていたのと、おそらく在庫処分で1~4シーズンが非常に安価に販売されていたので、つい買ってしまいました。

    それを、最近は少しずつ見ています。

    で、LinuxMintでDVD再生をする場合、ソフトウェアとしては標準でインストールされるVLCまたは動画プレイヤーでOKなようです。

    その際に必要な条件として、使用するDVDドライブにリージョンコードがセットされている必要があるようです。これまではメインのPCで見ていたのですが、やはり4シーズン分でDVD28枚となると膨大な量なので、サブのPCで見たいと思ってドライブを追加したのですが、再生がうまく行かず、しかもエラーメッセージも何もでないので、ひたすら悩んでしまいました。で、いろいろ調べてみると、リージョンコードだった、というわけです。

    で、リージョンコードの設定方法がわからずにこれまた悩みました。Windowsならばドライブ添付のCDがあればなんとかなるでしょうが、Linux専用機となるとどうしたものかと・・・。

    で、調べた結果、Linux環境でセットする場合は、「regionset」コマンドを使えば設定できることがわかりました。

    $ sudo apt-get install regionset
    $ regionset

    で設定するか英語で聞いてくるので、regionを設定します。(日本の場合は「2」)

    これで無事に再生できるようになりました。