趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • 技適マーク付きESP8266モジュール入手

    投稿日 2015年 7月 12日 コメントはありません

    早く技適マーク付きESP8266モジュール欲しいな〜、と思ってググっていたら、スイッチサイエンスESP-WROOM-02の技適マーク付きの扱いがあることを発見。さっそくポチってしまいました。7/10に注文して、今日7/11には入手。速くて便利。

    いま改めて気づいたのですが、スイッチサイエンスのプレスリリースが出たのも7/10だったんですねぇ。そちらにはピッチ変換済みモジュールに関する記載もありました。
    モジュールは1.5mmピッチのSMD実装前提の形状ですので、慣れてない人はピッチ変換済みモジュールのほうがお手軽でしょう。

    ESP-WROOM-02

    よくみると、ESP-WROOM-02って、ESP-12にあった青色LEDがなくなってます。まあ、消費電力追い込む場合にはLEDも邪魔ですから、それはそれで良しかと思いますが、デバッグ中は不便そうです。

    一方で、CerevoからもESP-WROOM-02とピッチ変換基板が発売されています。Cerevoって聞き覚えあるけど何だっけ、と一瞬考えてしまいましたが、ustreamなどの機器で結構名前が出ていた会社です。Cerevoの中の人もきっとESP8266の可能性が気になっちゃったんでしょうねぇ。ブログの記事にまでなっちゃってます。

    話をESP-WROOM-02に戻します。さて、こいつならシールド環境などという面倒くさいことを言わずにあれこれできます。これからいろんな人が懐に暖めていたアイデアが花咲くことと思います。自分もアイデアだけはある(あ、部品もある)んですが、なかなか時間が・・・というのと、体調崩してしまっているのでどうなることでしょう。


    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)