趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • Open Jtalkを試してみた

    投稿日 2013年 8月 31日 コメントはありません

    頻繁に見させていただいているTAKEさんのLinuxブログ音声合成の記事を見かけたので試してみました。

    LinuxMint13で試してみたのですが、TAKEさんの記事の通りに

    1. apt-get でインストール。TAKEさんの記事からコピペでOK。
    2. 音声ファイルのダウンロード&インストール。
      これもTAKEさんの記事からコピペでOK
    3. jsay.shという名前でシェルスクリプトを作成。
      これもTAKEさんの記事からコピペでOK

    という手順で試してみたら、文字通り「あっ」という間に音声を発声してくれました。

    漢字仮名まじりの文章でも何ら問題なく発声してくれるのでおもしろいです。(あ、漢字仮名交じりだけではなく、数字やアルファベットのSI単位系なんかもいけましたね)

    <追伸>
    パラメータをイジってみたくなりました。このあたりが参考になるかもしれない。

    1. パラメータについて説明あり
      http://mahoro-ba.net/e1569.html
    2. 合成音声をミクさんに変える
      http://kentai-shiroma.blogspot.jp/2013/03/fhc.html

  • SanDisk Ultra USB3.0のベンチマーク

    投稿日 2013年 8月 27日 コメントはありません

    先日秋葉原に行ったら、SanDiskの新しいUSB3.0メモリを見かけたので買ってきました。しばらく放置してあったのですが、例によってOSインストールに使うとどうなるか、ということで簡単なベンチマークをしてみました。

    ブツは、SDCZ48-032G-U46です。型番からわかる通り32GB品です。値段は馬鹿っ早のExtreme SDCZ80-032G-X46より少し安い程度でした。(すみません、具体的な金額忘れました・・・)

    サイズはSDCZ80よりも2割くらい短い感じでしょうか。並べてみると2割くらいですが、実物では結構違いを感じます。コンパクトになっているので、このコンパクトさで性能が出ているのであれば・・・・と思って購入したわけです。

    ベンチマークの方法は前回と同じです。

    Screenshot-SanDisk SanDisk Ultra (SanDisk SanDisk Ultra) – ベンチマーク

    読み込みはパッケージの記載(80MB/s)にやや届かず、というところでしょうか。
    書き込みの方は例によって625MBのISOファイルを書き込んでみたところ、開放まで約30秒、LEDの点滅が収まるまで約1分なので、開放までで20MB/sくらい、LED点滅が収まるまでで10MB/sくらいで、USB3.0のUSBメモリとしては凡庸な結果となりました。

    価格差があまり大きくないことを考えると、やや大きくて嵩張りますが、Extremeを買った方がお得感は高そうです。


  • BeagleBoneBlackにXubuntuデスクトップ環境を構築

    投稿日 2013年 8月 24日 コメントはありません

    しばらく前に秋月でBeagleBone BlackをGetしました。
    まずはMicroSDカード上にデスクトップ環境を構築してみました。

    1.Ubuntu13.04のダウンロード

    こちらのページ
    http://www.armhf.com/index.php/download/
    のからUbuntu Raring 13.04をダウンロードする。
    ubuntu-raring-13.04-armhf-3.8.13-bone20.img.xz  (June 9, 2013)
    というファイル。

    2.MicroSDカードへのインストール

    # xz -cd ubuntu-raring-13.04-armhf-3.8.13-bone20.img.xz > /dev/sdb

    としてMicroSDカードにイメージを書き込む。

    3.BeagleBoneBlackにて起動

    MicroSDカードを取り付けて、BOOTボタンを押しながら電源投入し、MicroSDカードから起動させる。
    login: ubuntu / Password: ubuntu にてログインする。

    4.パッケージの更新

    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get upgrade

    にてパッケージを更新

    5.パーティションサイズの変更

    イメージを書いた状態だと、u-bootに1MB、システムに約2GBのみなので、MicroSDカードの容量一杯まで使うにはパーティションサイズの変更が必要です。一旦シャットダウンし、別のPCにてパーティションサイズを変更しました。

    6.デスクトップ環境の導入

    $ sudo apt-get install ubuntu-desktop

    ものすごく時間がかかりますので、ひたすら待ちます。結局1時間以上かかりました。
    再起動すると、グラフィカルログイン画面で立ち上がります。
    ・・・が、何か変です。周期的に画面が乱れます・・・。マウスカーソルの表示をトリガーにしていそうです。

    7.リモートデスクトップ接続

    リモートデスクトップ接続のため、xrdpをインストールします。

    $ sudo apt-get install xrdp

    ホスト側から rdesktop で接続しようとすると、「unable to connect」で蹴られてしまいます。
    おそらく、iptables で蹴られているものと思います。
    簡単に済ますため、

    $ sudo apt-get install ufw
    $ sudo ufw disable

    として、firewall 機能を無効にしたところ、ホスト側から

    $ rdesktop 192.168.1.108

    で接続できました・・・・が、ログインすると途中でエラーを吐いて黙りこんでしまいました・・・。

    8.Xubuntuではどうか?

    デスクトップ環境のインストールを

    $ sudo apt-get install xubuntu-desktop

    として、xubuntuにすると、「Failed to load session “gnome”」というエラーでやはりダメでした・・。


  • LFSに挑戦5(カーネルのインストール以降)

    投稿日 2013年 8月 16日 コメントはありません

    引き続いて8.3章のカーネルのインストール以降の作業です。

    続きを読む »


  • LFSに挑戦4(ブートスクリプトの設定)

    投稿日 2013年 8月 15日 コメントはありません

    続いてブートスクリプトの設定です。

    前回、最後にpartimageでバックアップをとるために umount しましたので、それを改めて mount するところからです。

    続きを読む »


  • LFSに挑戦3(LFSシステムの構築)

    投稿日 2013年 8月 14日 コメントはありません

    第6章「基本的なソフトウェアのインストール」に進みます。
    ここまでの作業のバックアップはパーティションイメージとtarで取得済みです。

    ここからの作業は5章の最後に書いてある通り、rootで行います。特に問題や気づいた点がない限りはHTML版のLFS BOOKからコピペで進めていきます。

    続きを読む »


  • MPLAB-X + PIC12F675は使えない・・・・

    投稿日 2013年 8月 13日 コメントはありません

    ちょっと治具を簡単に手持ちのPIC12F675で作ろうとしたのですが、ハマってしまいました。
    今回の環境はMPLAB-X + XC8を使ってみようと思ったのですが、これがハマりの元凶です。

    まずはLチカで環境に問題がないことを確認しようとしていたのですが、そこで引っかかりました。

    Lチカプログラムはこんな感じで、何の変哲もありません。

    101

    しかし、コンパイルして動かそうとすると動きません。
    いろいろ設定を疑ってみたものの、うんともすんとも言いません・・・・。

    プログラムメモリの内容をディスアセンブル表示させると、先頭は

    Screenshot-1

    というような感じでした。001番地にCALL 0x3FFがありますが、これは確か3FF番地にはRETLW命令が置いてあって、Wレジスタにクロック周波数の補正値を入れて戻ってきて、その後、OSCCALレジスタにWの値を書き込む(上記で言うと、レジスタバンクを1に切り替えてからT1CONのアドレスに書き込む)ことで、周波数を補正していたはずです。

    しかし、不安になって、WindowsでPickit2でROMの中身を吸い出して見たところ・・・・・3FF番地の値が0000(NOP)になってました。これでは001番地のCALL命令で無限ループになるので動くわけがありません。

    Pickit2にはクロック周波数補正値を回復する機能があるので、それで3FF番地の値を回復させて、改めてMPLAB-Xで書き込んでみるとLチカが動作しました。・・・が、再度コンパイルして書き込んでみると、やっぱり動きません。
    Pickit2で見ると、また3FF番地の値が消失しています。この状態をPickit2で吸い出してHEXファイルに保存し、補正値を回復させ、改めて吸い出したHEXファイルを書き込むと、Pickit2は補正値を保存するので、ちゃんと動作しました。

    とにかく「MPLAB-XとPIC12F675の組み合わせは使い物にならない」ということがわかりました・・・。


  • LFSに挑戦2(一時的環境の構築)

    投稿日 2013年 8月 13日 コメントはありません

    続いて第5章の一時的環境の構築を進めます。

    続きを読む »


  • FreeNASをVMware上で実験してみた

    投稿日 2013年 8月 13日 8個のコメント

    普段、自宅ファイルサーバとして利用しているFreeNASですが、正常系は問題なく動作しているものの、トラブルが起きた場合の処置についてはこれまで調べてきませんでした。
    そこで、今回ちょっと調べてみたいと思います。

    まず、VMware上にFreeNAS9.1の32bit版をインストールしました。ホストシステムが32bit+PAEカーネルのLinuxMint13なので、FreeNASも32bit版を選択しました。
    起動用のHDDは10GB、データ用のHDDはSCSIで10GB×2(それぞれのディスクに1A,1Bという名前を付けました)としました。

    インストール自体は特に問題ありません。ホスト名などは適当にvmFreeNASとしました。

    インストール後、パスワードを設定し、10GBのディスク2本で暗号化ありのZFSボリュームをミラーで作成しました。

    これをCIFSで共有するわけですが、いつものことながら、今ひとつよくわかりません。設定してからLinux側から見えるようになるまで時間がかかるためでしょうか。
    まあ、今回の目的は暗号化関連なのでよしとします。

    適当なファイルをvmFreeNAS側に置いた状態で、今度は暗号化ZFSボリュームにパスフレーズをつけてみます。これまでは暗号化していてもパスフレーズもなしで運用してきました。

    実験1:ディスクのみ持ち出した場合にどうなるのか?

    仮想FreeNASサーバを2台動かして、1台目のディスク2台(ミラーなので)をコピーして、そのうちのディスク1台をFreeNASサーバ2台目に付けてみます。

    普通にボリュームを作成しようとすると、中身のあるディスクとしては認識されず、初期化しようとします。つまり、ディスクを持ち出しても読み出せそうにありません。

    001

    しかし、「ボリュームの自動インポート」を行うと、暗号化ボリュームをインポートするか聞いてきます。

    002

    ここでYesを選んでOKを押すと、

    003

    暗号化キーを確認してきます。ここで、元のFreeNASサーバからエクスポートした暗号化キーのファイルを指定してやると・・・ボリュームも指定しろ、とエラーがでました。(下記)

    004

    とにかく、両方指定してやると、

    005

    元のボリューム名を確認してきます。そこでOKを押すと、

    006

    無事にインポートされました。シェルで中のファイルを見ると、確かに存在していそうです。ミラーしたディスクの片方しかマウントしていないので、DEGRADEになっていますが、とにかくファイルの救出はできそうな感じです。

    なお、ミラーを構成する2つのディスクを接続してからボリュームの自動インポートを行い、ディスクを指定する際に2つとも指定してやるとミラーであることを認識してミラーディスクとしてインポートされました。
    一度でも片方だけでインポートすると、一旦ボリュームをデタッチしてもミラーとしてはインポートされなくなるようです。(当然といえば当然な気がしますが・・)

    実験1をまとめると、暗号化キーとミラーディスクの片方があればデータは復旧可能。

    実験2:パスフレーズをつけたディスクは起動時にどうなるのか?

    もう一つ気になっていたことがあります。暗号化キーにパスフレーズをつけた場合に、起動時に入力が必要なのかどうかです。これまでは起動時に入力するのは面倒なので、パスフレーズをつけずに運用していました。
    一方で、考えようによってはパスフレーズを入力しなければ決して中身の見えないサーバとして運用することもできるかもしれないわけです。

    というわけで、実験してみました。

    先に2台のディスクのコピーを持ち込んだらHEALTHYに復帰した2台目の方で、パスフレーズをつけて再起動してみました。

    007

    起動後、ボリュームはロックされた状態になりました。

    008

    ロックされたボリュームを選択して、下の方のUnlockをクリックします。

    009

    パスフレーズを入力して「OK」をクリックします。

    010

    無事にアクセスできるようになりました。(正確にはCIFSでアクセスできるかは確認していません。例によって、見えたり見えなかったりが不安定なので。シェルでディレクトリやファイルの存在を確認しただけです。)

    実験2のまとめ:パスフレーズを設定すると、起動後にパスフレーズを入力するまではアクセスできない。


  • LFSに挑戦1(準備段階)

    投稿日 2013年 8月 12日 コメントはありません

    LFS(Linux From Scratch)に挑戦してみます。目的は、Linuxの起動シーケンスの理解です。
    母艦環境は先にインストールしたDebian7.1(Wheezy)です。
    基本的にLFS Bookに沿って進めて、実際の作業のみメモを残します。
    まずは第4章の準備段階の完了までです。

    <追伸>
    入力するコマンドのコピペをする場合には、HTML版で行う。PDF版では行の終わりにゴミがついてしまうようで、複数行に渡る場合に正しく入力されません。

    続きを読む »