趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • IdeaPas S10-2にWindows8を入れてみた(おまけ)

    投稿日 2013年 1月 27日 コメントはありません

    その他、IdeaPad S10-2を入れた後でやったことは以下の通りです。

    アンチウイルスソフトの導入

    いつものようにカスペルスキーインターネットセキュリティをインストール。WindowsXP時代からそうですが、パターンファイルの更新が遅いのが不満なところ。

    Google Chromeの導入

    Webブラウザは Google Chrome をいつものように導入

    古いWindowsファイルの削除

    Windowsキー + X を押して、コントロールパネルを起動。「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「ディスク クリーンアップ」を実行。
    新しく開いたウインドウの「システムファイルのクリーンアップ」を押す。
    しばらくまつと「以前のWindowsのインストール」と「一時Windowsインストールファイル」がチェックできるようになるので、チェックして「OK」を押す。
    これで16GBくらい空き領域が増えました。

    ディスクデフラグの実行

    Windowsキー + X を押して、コントロールパネルを起動。「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「ドライブのデフラグと最適化」を実行。
    Cドライブが選択済みの状態なので「最適化」を押すと、Trimコマンドが発行されるようです。(表示にも○○%トリム済みと表示されます)

    タッチパッドドライバのインストール

    やはりブラウザを使っていると縦スクロールは避けられないのだけど、タッチパッドのバーチャルスクロールが動作せずストレスが非常に溜まる。LenovoのページにあるWindows7用のドライバではスクロールが動作しなかった。
    アンインストールしてSynaptics社のページのドライバを入れてみました。設定をイジらないとだめですが、それなりに使えています。ただ、時々反応が悪くなります。LinuxMintではしっかり動くのに何でダメなんでしょうね・・・。


  • IdeaPad S10-2にWindows8を入れてみた

    投稿日 2013年 1月 26日 コメントはありません

    NM70I-847に入れてみたWindows8が思いのほか良さそうだったので、WindowsXPとLinuxMint13のデュアルブートにしていたIdeaPad S10-2にWindows8を入れてみました。

    元々、このPCはHDDからSSDに換装してあったのですが、WindowsXPではSSDに対応していないためかシャットダウンが非常に遅くてイライラさせられていました。(半面、LinuxMintはサクサクだった)
    これは自分の推測では以下の要因で起きているのではないかと思っていました。

    • WindowsXPはSSDに対応していないので暇な時に空きセクタを消去するコマンド(Trimコマンド)を発行せず放置している
    • WindowsXPの終了時には未書込みのデータをたくさん書き出さないといけない
    • ・・・となると、WindowsXPの終了時には空きセクタの消去と書込みをしなければならない。
      (事前に空きセクタを消去してあれば、書込みだけで済む。フラッシュメモリの消去には非常に時間がかかるので、事前に消去しておけるのであればパフォーマンス上の利点は非常に大きいはず。)

    で、画面が狭くてもレジストリ書き変えでなんとか使用可能なようですので、3300円の格安アップグレードができるうちにSSDにしっかり対応しているWindows8 Proにアップグレードしてみることにしました。

    続きを読む »


  • NM70I-847のリブート問題がUbuntu Forumsでも話題に

    投稿日 2013年 1月 24日 コメントはありません

    NM70I-847にLinux(の比較的新しいもの)を入れると不意にリブートする問題ですが、Ubuntu Forumsでも話題になっていました。

    メモ書きみたいに1行でごめんなさい。


  • NM70I-847は結局どうなったか

    投稿日 2013年 1月 20日 1つのコメント

    LinutMint13を入れた静かな常時稼働PCを目指すべく導入したBIOSTAR NM70I-847の近況報告です。

    結局、Linux(というか、非Windows)を入れるとこんな感じでした。

    • LinuxMint13 – 不安定
    • LinuxMint14 – 不安定
    • Ubuntu12.10 – 不安定
    • CentOS6.3 – 安定
    • FreeBSD9.0 – 安定(ただしXは入れてない)
    • SystemRescueCD – 安定

    と、何か傾向があることは伺えます。

    なんとなく新しいカーネルが入っているとダメっぽい感じだったのですが、SystemRescueCDのカーネルと、Mint13のカーネルは似たようなバージョンだったので単純にそういうわけでもなさそうです。また、最新のカーネルを kernel.org から取ってきてコンパイルしていれてやってもやっぱりダメなものはダメでした。

    ・・・・で、諦めて Windows8 Pro を入れちゃいました。最近買った ThinkPad Edge 130はWindows7モデルだったのでWindows8 Proへのアップグレード版が1200円で入手できるのですが、優待プログラムのFAQを見ていたところ、

    Screenshot-Windows 8 - FAQ - Google Chrome

    ということで、別のPCにインストールすることも可能であることがわかりました。
    なので、LinuxMint13に入れ替えて使わなくなったWindowsXPをインストールした後、この優待プログラムを使ってWindows8にアップグレードしてしまいました。

    SandyBridgeとはいえ動作周波数は1.1GHzとかなり低くて性能もあまり期待できないはずなのですが、Windows8は意外に軽く動作しています。これはこれでありかもしれません。

    しかも、Windows8自体のバグっぽい現象(アカウントの設定をすると何か変)には見舞われていますが、動作自体は極めて安定しています。

    結局、NM70I-847はメーカーページにあるようにLinux系のOSは動作保証外・・・ということなのでしょう。


  • LinuxKernel3.7.1をコンパイルしてみた

    投稿日 2013年 1月 12日 コメントはありません

    SerialATAを外したカーネルをビルドしたBasix-1.0をUSBメモリにインストールして遊んでみたりしているのですが、アップデートマネージャが「カーネルをバージョンアップしろ」と煩いです。

    そこで、この際なので最新のカーネルパッケージを作ってインストールしてみました。構築した環境は前回カーネルパッケージを作った仮想環境です。手順は基本的に同じです。

    続きを読む »


  • OpenWRT with OpenFlowのIPアドレス変更

    投稿日 2013年 1月 11日 コメントはありません

    MZK-W300NH2にインストールしたOpenWRTですが、制御ポートのIPアドレスが192.168.1.1で自分の環境ではルータのIPアドレスをぶつかっています。また、192.168.1.10も別のホストが既に存在しています。ですので、これらを変更しました。

    こちらの『カスタマイズ』に記載がありますが、以下の箇所を変更しました。

    • /etc/config/networkの最後の行に eth0_5 の設定があり、静的IPアドレスで「192.168.1.1」と記述されているので、これを「192.168.1.254」に変更
    • OpenFlowの制御ポートは192.168.1.10:6633がデフォルトになっていますが、この内容は /etc/config/openflow に記載されています。こちらはとりあえず192.168.1.253:6633に変更

    これで既存の環境と共存できそうです。

    元々二つのネットワークに分けてあるので、そちらを制御対象のネットワークにしようと思っています。


  • MZK-W300NH2をOpenWRT化してみた

    投稿日 2013年 1月 10日 コメントはありません

    ずいぶん前にあきばお~でジャンク扱いで売っていたルータMZK-W300NH2が家にあります。
    流石にジャンク扱いということであまり期待せずに購入したのですが、設定が分かりにくいのはともかくとして、長時間動かすと定期的に再起動してやったり、設定を初期化してやったりしないと通信ができなくなるなどやはりダメダメでした。それでずっと放置してあったのですが、廃棄する前にちょっとググってみると、OpenWRT化ができるようなのでやってみました。

    とりあえず動かしてみる、ということで、ファームの書込み・・・・の前に、このルータが不安定なのは内部のSoCの放熱に問題があるようですので、『MZK-WHNおよびMZK-W300NH2の蓋を開ける方法まとめ』を参考に蓋を開けて、SoCにヒートシンクを取り付けました。適当なヒートシンクがなかったので、壊れたAtom330のマザーボードからチップセット用のヒートシンクを外して取り付けています。ヒートシンクがかなり大きく固定が必要だったのですが、固定する場所がなかったのでホットボンドで基板に固定してしまいました。

    次にファームの書込みですが、単なるOpenWRTのファームが簡単には見つからずRT3052F用のファームのコンパイルからやるしかないかとも思ったのですが、OpenFlow Switch化するOpenWRTファームをバイナリで公開されている方がいらっしゃったので、とりあえずOpenWRT化のテストとして書き込んでみました。公開されているページの通りに作業していき、WANポートから192.168.1.1にtelnetすると無事にOpenWRTのロゴが表示されました。

    OpenFlowも触ってみたい題材の一つだったので、これでちょっと遊んでみることができるかもしれません。(ただ時間が・・・・)


  • Mageiaをインストールしてみました

    投稿日 2013年 1月 7日 コメントはありません

    結局、まずは・・・ということで、vmware player上にインストールしてみました。

    公式サイトは日本語はない(でも中国語はある・・・)ものの、インストーラも日本語が選択可能で、何も難しいところはありません。途中、Windowマネージャを何にするか聞いてきましたが、デフォルトのままのKDEにしました。

    とりあえずインストール後の初回ログイン後のスナップショットを・・・。

    mageia

    とりあえず初見の感想を・・・。

    • 見た目は日本語になっているのですが日本語入力をどうやるのかわからない
      なので、シェルを開いてダウンロードフォルダにcdできない・・・
      (まあ、初めからアルファベットだけのディレクトリを作っておけばいいのですが・・・)
    • Firefoxは入っているが、バージョンが古い
      これはどのディストリビューションでも問題になりますね・・・。
      なんとかならんものだろうか・・・。

    まあ、ハマってみると面白いのかもしれないですが、ちょっとやめとこうかな・・・・。


  • Mageiaってなに?

    投稿日 2013年 1月 6日 コメントはありません

    たまたま、久しぶりにDistroWatch.comに辿り着いて(流れ着いて?)、ランキングを眺めていたら異変が起こっていました。

    ずいぶん前は、不動の一位のUbuntuだったように思うのですが、Ubuntuは3位。やっぱり Unity が不人気なんでしょうか。で、1位に躍り出たのは自分も使っている Mint 。Ubuntu10.04LTSあたりからの乗り換え組はそうなりますよね。MATEかXFCEかは悩みそうですが。
    そして、2位には初めてみる「Mageia」というディストリビューション。ググってみると、Mandrivaあたりと関係があるような感じです。

    とにかくインストールしてみるべく、ISOイメージをダウンロード中です。
    さて、どこにインストールしようかな・・・。


  • USBメモリ速度比較

    投稿日 2013年 1月 4日 コメントはありません

    先日買ったSanDiskの高速なUSB3.0メモリにLinuxMint13 + オリジナルカスタムカーネルをインストールしてみたところ非常に速くて驚きました。第一印象は「え、もう起動してるの?」という感じです。
    そこで、他にもUSB3.0のUSBメモリがあったのでLinuxMint13をインストールして見たところ非常に遅く、???な感じになってしまいました。
    そこで、手持ちのUSBメモリの速度比較をやってみました。

    続きを読む »