趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • USBのHDDにUbuntuをインストール

    投稿日 2011年 6月 30日 コメントはありません

    UCKのドキュメントを読むと、「壊れてもいい専用の環境を用意しろ」というようなことが書いてあります。さらに、作業には5GB以上の空き容量が必要、というようなことも書いてありました。(うろ覚え)

    そもそもマシンの崩壊が続いているので、余っているマシンなどありません。でも、なんとかするしかない。空き容量が少なくてもよいのならUSBメモリ、という手もあるのですが、それもNGです。

    ・・・しかし、ふと見ると、古い80GBのUSB接続のHDDが余っています。USBのHDDから起動できるのかわからなかったのですが、PCのHDDのSATAインタフェースを無効にして内蔵HDDを切り離し、CDROMドライブからUbuntu10.04LTSを起動します。で、USBメモリの時と同じようにインストール・・・・すると、あっさりインストールが完了しました。

    さらに、USBからの起動設定をすると・・・・あっさりUSBのHDDから起動してくれました。

    この環境をUCK用の環境とすることにします。

     


  • Ubuntuのカスタマイズ

    投稿日 2011年 6月 29日 コメントはありません

    ふとしたことから、UbuntuのLiveCDのカスタマイズ版が欲しくなりました。

    ・・・・で、調べてみると、UCK(Ubuntu Customization Toolkit)というツールがあって、これを使うと容易にできるようです。

    調べてやってみたいと思います。


  • FreeNXのショートカットキー操作

    投稿日 2011年 6月 13日 コメントはありません

    FreeNXは非常に便利なのですが、Ubuntuで使っているとどうしても上下にクライアント側の表示領域がとられてしまうので今ひとつの感がありました。かといって、設定でフルスクリーンにしてしまうと、一時的にローカル側を参照したくても参照する方法がわかりませんでした。

    しかし、ようやくNoMACHINE社のFAQに記載があるのを見つけました。自分が使っているのは3.X系のクライアントなので、その部分を自分用に意訳しておくことにしました。(誤訳していたらごめんなさい。また、よくわからない部分は英語のままにしておきます。中身がわかったらアップデートするかもしれません。)

    • フルスクリーンモードからネイティブのOSのデスクトップに戻るには、スクリーン右上隅の「マジックピクセル」をクリックする。
    • Ctrl + Alt + Shift + Esc to get rid of a not responding session
    • Ctrl + Alt + T : セッションを終了する
    • Ctrl + Alt + F : フルスクリーンとウインドウモードの切り替え(この機能はWindowsでは利用できない)
    • Ctrl + Alt + Shift + F to switch to multimonitor fullscreen/windowed (Note: This feature is not available on Windows)
    • Ctrl + Alt + M : フルスクリーンウインドウを最小化/最大化する
    • Ctrl + Alt + arrow keys : 仮想デスクトップ画面の切り替え
    • Ctrl + Alt + keypad arrow keys to viewport navigation (Note: this action is performed also by keeping Ctrl + Alt pressed and dragging the content of the main window by the pointer)
    • Ctrl + Alt + R to switch “auto-resize/viewport” mode. The agent starts in auto-resize mode, so users can resize the desktop simply by resizing the main window. In viewport mode, resizing the main window doesn’t make the desktop resize itself, but users can navigate the desktop by moving the viewport (Note: the auto-resize feature will be available on Windows starting with NX 4.0.0)
    • Ctrl + Alt + E to toggle the lazy encoding
    • Ctrl + Alt + J : 強制再描画。画面表示の問題が出たときに修復を試みるために使う
    • Alt + F4 : ウインドウマネージャが存在する場合にセッションをサスペンドまたは終了する
    • Ctrl + Alt + K enable/disable the catching of Alt+Tab and Print Screen
      keys

    まあ、赤字の部分だけわかれば課題は解決なんですけどね。


  • 秋月の容量計キットを作ってみました

    投稿日 2011年 6月 12日 コメントはありません

    先日、秋月でふと目に止まったのが、容量計キットです。

    950円と安価でデジタル方式とあります。中国のJYETECH社の製品のようで、ホームページの下の方に「Accurate Capacitance Meter」として載っています。(辿っていくと、回路図、部品表も載っています)

    ATMELのマイコン使用で測定範囲も1pF~500uFという記述からChaNさんの容量計と同じではないだろうかと思いながら購入しました。(後でググって見たら同じことを思った方はたくさんいたようですね)

    回路図をみるとChaNさんの回路とそっくりでしたが、微妙に違います。・・・が、後で組み立て始めて未実装の部品があることがわかると、実装部品だけみればほとんど同じ回路であることがわかりました。

    で、早速組み立ててみました。

    組立始める前に写真を撮るのを忘れたので、途中の写真です。今時珍しいディスクタイプのセラミックコンデンサが使われていたり、足のひん曲がった78L05があったりして、これで基板がベークライトだったりすると昭和の雰囲気が漂いそうなキットです。自分は電池動作でなるべく低い電圧まで動作させたかったので、三端子レギュレータはXC6202P502に変更して組み立てました。

    組み立てて電源を入れると、ゼロ点調整です。といっても、タクトスイッチを押すだけですが。その後、0.22uFのコンデンサを付けると、このような表示になりました。

    ちょっとがんばってケースに入れてみました。ドライブ用のトランジスタをケチってあって電流を流せないためだと思いますが、LEDが暗めです。そのため、照明があると表示がよく見えません。

    ・・・・ん?

    AMEGA48V-10PUを12MHzで動作させてますのでオーバークロックです・・・。まあ、実害はないでしょうけど。


  • LEDを使った小ネタ

    投稿日 2011年 6月 11日 コメントはありません

    なんとなく、LEDを使った小物を作りました。

    小ネタ1つ目はUSB懐中電灯(?)です。

    単なるUSBのAプラグに付いてるLEDです。

    LEDは6050サイズの白色LED(IF=40mA時に3.3cdのもの)です。基板は秋月のこれです。裏面はこんな感じです。

    小ネタ2つ目はUSBフラッシャーです。

    USBのAプラグに付けたM34-2L(自己点滅駆動IC)そのまんまです。
    何かを照らす目的のものではなく、どちらかというと存在を知らせるためのものなので拡散用のキャップをつけて全方向からの視認性を高めています。

    これらはPCに挿して使うことももちろんできますが、最近たくさん出ているUSB給電BOX(と言えばいいのでしょうか)に挿して使うことを考えています。

    こちらは100円ショップで入手したものです。

    これにUSB懐中電灯を挿して点灯すると、こんな感じになります。

    懐中電灯というにはちょっと暗いですが、ちょうど携帯電話のカメラのところについているLEDをイメージしてもらえば概ねの明るさはわかるでしょうか・・・。明かりがないところでの足元灯などには十分な明るさです。LEDに流れる電流は40mAですので、消費電力は200mWということになります。DC/DCコンバータの変換効率を75%と仮定すると、2本入りの電池の消費電流は120mA前後ということになりますので、100円ショップで売っているNiMH電池(1300mAh)を使うと約11時間程度点灯できることになります。

    一方で、USBフラッシャーの方は点灯させるとこんな感じです。

    といっても、点滅の様子は静止画ではわからないですね。

    USBフラッシャー(動画)

    M34-2Lの資料によると、LEDへの電流は25mA程度で、1/8デューティでの点灯とされていますから、消費電力は平均で16mW程度になります。同じ計算をしていくと、2本入りの電池の消費電流は10mA程度ということになりますので、100円ショップのNiMH電池では130時間くらい、つまり昼夜連続で5日間、夜間だけなら10日間程度点灯できることになります。

    USBで充電される機器が増えているので、停電などの時に差し替えてやれば簡単な照明や存在を知らせる信号として使えるのでそれなりには役に立つ工作・・・・だと思うんですが、どうでしょうか。


  • MotionJPEGをMPEGに変換する

    投稿日 2011年 6月 10日 コメントはありません

    動画ファイルをアップロードしようと思ったのですが、SP-560UZではMotionJPEGで記録されるので、ちょっとした動画でも大きなサイズになってしまいます。

    そこで、Linuxで簡単に動画サイズを圧縮する方法を探していたら、MJPEG Toolsで圧縮できそうなのがわかりました。(もちろん、本格的に圧縮するなら handbrake なのですが、ここではちょっとしたファイルなので簡単に済ませます)

    1. MJPEG Toolsのインストール
      Synapticパッケージマネージャで「mjpegtools」を選択してインストールします。
    2. 映像の圧縮
      $ lav2yuv foo.avi | mpeg2enc -o foo.m1v
      -b オプションでビットレートが設定できるようです。
    3. 音声の圧縮
      $ lav2wav foo.avi | mp2enc -o foo.mp2
      同じく -b オプションでビットレートが設定できるようです。
    4. 映像と音声の統合
      $  mplex foo.mp2 foo.m1v -o foo.mpg

  • Chromeブラウザをデフォルトでシークレットモードで起動する

    投稿日 2011年 6月 6日 コメントはありません

    起動や動作が早いこと、Ubuntu上でもほとんど問題を感じることなく動作することからすっかり常用のブラウザと化してしまった Chrome ブラウザですが、Chromeブラウザには履歴などを残さないシークレットモードがあります。

    変にトラッキングされたりするのは嫌なので、普段訪れるサイト以外はできればシークレットモードにしたいものですが、これまで起動してから「Ctrl+Shift+N」で新しいWindowを開く方法しか知りませんでした。

    しかし、起動用のショートカットのプロパティを開いてコマンドの部分に「–incognito」を書き足してやると起動時からシークレットモードになることがわかりましたので、ショートカットの類をすべて書き換えました。


  • やっぱり基板作ろうかな・・・・

    投稿日 2011年 6月 5日 コメントはありません

    何かと思いつきで作るので、いつもユニバーサル基板への実装になってしまいます。しかし、ArduinoベースやAVRベースだと同じような基板ばかりになるので配線が面倒くさい。ということで、やっぱり基板をつくろうか悩んでます。ただ、基板を作ろうとすると、ライブラリの問題があって、これまた面倒くさい。

    まあ、とにかく、まずは基板屋さんをちょっと調べてみたのでメモ。

    1. OLIMEX
      日本におけるホビーの基板作成の定番といえばOLIMEX。ブルガリアの会社。設計ルールが厳しいのがしんどいところ。
    2. PCB CART
      中国で製造? 枚数が増えると激安という話も。
    3. Silver Circuits(旧称 Custom PCB)
      マレーシアの会社。距離が近い分、輸送期間や輸送費用が安いらしい。
    4. P板.com
    5. EzPCB
      中国にあるメーカー?
    6. Fusion PCB
      中国の深センにあるメーカーとのこと。格安らしい。

    参考になりそうなホームページ(ブログ)はこんなところでしょうか。(自分がググった結果で記録に残したいものです)

    1. PICマイコンを便利に使うページ
      PIC中心のページ。番外編に「海外へ基板を注文して見た」というのがあって、 そこにOLIMEX、SilverCircuits、PCB CARTへの発注記があって、参考になりそう。
    2. unos.biz(でいいのだろうか?)
      ブログのタイトルがどれなのかよくわからないのですが、 SilverCircuitへの発注をされています。その他にもP板.comやアルミ加工会社へのリンクなども。
    3. なんでも作っちゃう、かも。さんのFusion PCBに発注
    4. すzのAVR研究さんのFusionPCB
    5. 日本総サラリーマンデビルマン化計画さんのプリント基板メーカーのリンク集