趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • KXP84+SCP1000

    投稿日 2011年 5月 3日 コメントはありません

    KXP84-2050は一応動くようになったのですが、稀におかしなデータを吐くので困っています。

    連続でXYZの各データを読みつづけると、静止状態にも関わらず突然X方向に大きくずれた値を出力します。しかもYZは何事もなかったかの様に動作しつづけますし、その後X方向も元の値に戻ってしまいます。SPIでのデータ転送時のビット抜けかとも思いましたが、YZには影響がなかったり、ビット抜けパターンには合致しなかったりするので、ビット抜けではないようです。パスコンは写真の通り秋月モジュールなので0.1uFと4.7uFのセラミックコンデンサ(目視ではわかりませんけど)がついていますので、そうそう問題ではないはずです。

    時々誤動作する加速度センサでは困りますので、KXM52-1050の方に切り替えようかと思っています。

    一方、SCP1000の方ですが、こちらは上手くいっています。

    5/1の深夜から5/2の午前中にかけての室内の温度変化です。窓を少し開けて寝ましたので、明け方に温度が下がっているのがわかります。

    同様に気圧の変化です。約2サンプル/秒のものを強引にgnuplotでグラフ化しましたが、適切にサンプリングするようにすれば面白そうです。