趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • 静岡で強い地震

    投稿日 2011年 3月 15日 コメントはありません

    3月15日の22時31分頃、静岡で震度6強の地震がありました。マグニチュードは6.0、最大震度は6強、ということだそうです。
    気になるのは、震源の位置で、北緯35.3度、東経138.7度、深さ10kmとなっています。

    次に、北緯35.3度、東経138.7度をGoogleMapを見ると、富士山のすぐそばなのがわかります。


    大きな地図で見る
    当然、気になるのは、富士山の噴火との関係です。

    先日も書いた通り、今回の東北地方太平洋沖地震とよく似ている貞観地震が起きたのは869年です。そして同じ頃の貞観6年(西暦864年)~貞観8年(西暦866年)にかけて貞観大噴火を起こして青木ヶ原溶岩(青木ヶ原樹海)を形成した噴火とのことです。(Wikipediaの富士山の噴火史による)
    順序が違うので、関係ないといいのですが・・・。

    ちなみにこの3分前、東北太平洋沖地震のM6.2の余震が起きたようです。さすがに時間が近かったためか、、気象庁のシステムも混乱して、この地震で静岡で震度6強、という表示をしています。


  • 東京湾での地震

    投稿日 2011年 3月 15日 コメントはありません

    一昨日の投稿でも「素人考えではそうなるのではないか?」と記載したのですが、USGSの余震分布を見ると今回の震源域だけではなく、北米プレートの周りの秋田沖とか新潟沖でも余震が起きています。また、これには記載されていませんが、先ほど起きた3/15の東京湾の地震(下の図)も大した規模ではないものの、その周辺域で起きていていやな感じです。

    連鎖しなければいいのですが・・・。


  • はやく安否の確認が進みますように・・・

    投稿日 2011年 3月 15日 コメントはありません

    ずっとTVをみていると、今回の大地震で被災された方々が困っているのは、

    1. 安否の確認
    2. 水の確保
    3. 食料の確保
    4. これらを行うための自動車燃料の確保
    5. 寒さ対策
    6. 電気がない
    7. (報道ではやらないけど多分)トイレ
    8. その他

    などのようです。

    このうち、安否確認についてはもちろん着の身着のままで逃げた方も多いのでそう単純ではないとは思うのだけど、携帯電話がこれだけ普及している今、携帯電話の基地局の接続履歴をデータ処理して、「(津波襲来後に)この人はこの辺にいた」とかできないものなんでしょうかね・・・。あと、GPSが載っている機種も多いので、GPSを使って遠隔で場所の情報を取得するとか。個人情報の保護という観点では難しいのかもしれないけど、そんなことを言っている場合ではないと思うので。