趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • 上海電脳街散策(1) 散策編その1

    投稿日 2011年 1月 23日 コメントはありません

    上海へ出張に行く機会があったのですが、予約できた帰国便がやや遅めの時間だったので、上海の電脳街を覗いてきました。上海の代表的な電脳街というと「徐家匯」ということらしいのですが、今回は2時間程度しか余裕がないのでホテルからみて浦東国際空港と逆方向の「徐家匯」は諦め、ホテルからみて浦東国際空港の方角となる淮海路にある電脳城「賽博数碼広場」と浦東地区にある「太平洋数碼三期」「百脳匯」「蘇寧電器」と米国系の「Best Buy」をターゲットにしました。狙いは、今後のためにモバイルデータ通信環境を整えることを考えるための下準備(調査)です。

    (1)賽博数碼広場(淮海路)

    ここは2010年版のガイドブックの地図では該当箇所(太平洋百貨の周り)に「改装中」と書いてあったのでちょっと嫌な予感がしたのですが、自分は見つけられませんでした。ただ、ここには大きなAppleストアがあって、まだ9時30分くらいにも関わらず開店をまって並んでいる人がいました。(写真撮り忘れました)

    うろうろしてもそれらしい建物はなさそうでしたので、早々に地下鉄1号線と2号線を乗り継いで浦東地区の世紀大道駅へと向かいました。世紀大道駅からちょっと迷いつつ、張楊路(だと思う)沿いに西に向かいます。

    (2)太平洋数碼三期(浦東)

    ホテルインターコンチネンタル浦東のすぐそばにありますが、外観はこんな感じです。正面の頭上くらいの高さに赤い垂れ幕が掛かっているところが出入り口なのですが、正直言って一瞬やってるのかどうかわからないです。中国では多い様なのですが、蛍光灯が白色度の高いものを使っているのと省エネのためなのか数が控えめなので、日中で日差しがあたるところでは非常に暗く見えます。

    しかし、中に入るとそれほど暗い感じはしません。

    中の様子は、いわゆる大規模なショッピングモールの中が丸ごとPCやモバイルなどの店だけで埋まっている感じです。これ全部がPCやモバイルなどの電気製品関係の店なのです。

    しかし、個々の店はそれほど大きくはありません。1階に陣取っているノートPCを売っている店(テナント)はたくさんの売り子がいて、何か言い寄ってくる(中国語がわからないので何を言ってるかわからない)のですが、2階の携帯電話の売り場、3階のPCパーツの売り場にある店は上の写真(これは3階だったと思う)の様に店番が一人で小規模な店で商売しているという感じです。

    ちょうど、しばらく前の秋葉原のラジオ会館のイメージが近いのではないかと思います。


    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)