ともの技術メモ

趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • シングルボードコンピュータ5点

    投稿日 2016年 11月 25日 コメントはありません

    またまたYouTube動画からです。

    たまたま見かけた「Top 5 Single-Board Computers」というビデオから。

    紹介されているのは順に、

    1. C.H.I.P
    2. PINE64
    3. UDOO
    4. LATTEPANDA
    5. Black Swift

    ですね。PINE64Black Swiftは初めて聞く名前です。

    PINE64は64bitのCortex-A53(Quadコア)とRAM512MB/1GB/2GBを載せた安価なボードです。WiFiはオプションボードで搭載。

    Black SwiftはAthros(現在はQualcomm)のAR9331をベースにしたROM16MB、RAM64MBの小さなボードです。しかし、入手方法がわからない(笑)。


  • インテルベースのシングルボードコンピュータ

    投稿日 2016年 11月 24日 コメントはありません

    たまたま見かけたのですが、「Raspberry Pi 3に対抗する(?)」インテルベースのシングルボードコンピュータがいくつか出てきているようです。

    最初にみかけたのが LattePanda です。最初にみつけたYouTubeの動画などによると、

    • IntelのQuad CoreのCPU(Cherry Trail 1.8GHz)
    • ストレージは32GBのeMMC
    • RAMは2GBと4GBの2種類
    • RAMが2GBのモデルにはWindows10付きのものもある
    • USB3.0×1、USB2.0×2、WiFi + Bluetooth4.0、HDMI、100Mbps Ethernet、MicroSDスロット
    • Arduino対応のGPIO、Cheery TrailのGPIO
    • 電源は5V 2A

    と仕様のようです。で、メモリ2GBのOSなしが$79、メモリ2GBのWindows10モデルが$109、メモリ4GBのOSなし?が$139のようです。ディストリビュータはDFRobotのようなのですが、LattePandaのWebサイトからAmazon Japanのページに飛んでくると、4GB版が19,999円になっています。で、この4GB版の商品説明が微妙で、

    2016-11-24

    で、なんのこっちゃ?なのですが、要はWindows10はインストールされているのだけど、ライセンスキーは付属しない、ということのようです。騙されて(?)買っちゃった人のレビューが載ってます。$109でOS有りだと、まあ面白いかも、なのですが、いくら4GBといえども、2万円でOS無しだとあまり買う意味無いですね・・・。また、Raspberry Pi 3との比較ビデオもあって、これを見ると、Intelプロセッサだけどあまり速くない。というか、Raspberry Pi 3が思ったよりも速いというか、やっぱWindows10重いというか、そんな感じでしょうか。

    次に見かけたのがUDOO X86です。こちらはKICK STARTERでキャンペーンやってた(?)みたいです(やってるけど日本からは注文不可?)。公式Webの内容とKICK STARTERの内容で差があるのですが、公式Webの記載によると、

    • Intel の Quad Core CPU(Braswell で最大2.56GHzまでのモデルがある?)
    • メモリはDDR3L で 2GB/4GB/8GB
    • HDMIとDP×2(4K画像が3画面出せるような記述あり)
    • eMMC最大32GB(Webサイトでは安価なモデルはeMMCなし、KICKSTARTERでは8GB)
    • SATAコネクタ、M.2 SSDスロット、MicroSDスロット(KICKSTARTERではMicroSDからブートできるような記載もあります)
    • USB3.0×3ポート
    • Gigabit Ether
    • ArduinoコンパチのI/Oポート
    • その他

    ということみたいです。KICKSTARTERでは

    • 2GHzのCPU、RAM2GB、eMMC8GBのものが$89(売り切れ)
    • 2.24GHzのCPU、RAM4GB、eMMC8GBのものが$109
    • その他

    のようで、Webサイトで受け付けているPREORDERでは、

    • Atom X5-E8000 2GHz、RAM2GB、eMMCなし、ACアダプタ付きで$125
    • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMCなし、ACアダプタ付きで$149
    • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$165
    • Pentium N3710 2.56GHz、RAM8GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$259

    となっています。まあ、小さいPCとしてみると魅力的に見えないこともないのですが、送料とか関税(かかるのかな?)とか考えるとイマイチ感もありますね。


  • ESP8266でSmartConfigを試してみた

    投稿日 2016年 11月 5日 コメントはありません

    長らく放置していたESP8266基板ですが、やっと動かしました。前回の記事から数えて約1年(ぉぃ)。回路図の定数に不適切な部分があってブートローダから先に進んでなかったのと、秋月のFT234X搭載の超小型UART変換基板だとなぜかLinux側が固まってしまうという事象に悩まされたためです(汗)。

    で、まだ最低限の機能しか試してないのですが、回路図はこんな感じです。回路図の電源周りにいろいろわけのわからないFETが入っていますが、これはソフトウェア制御で電源OFFできるようにするのと、電池使用時に電源電圧を自身で測定できるようにするためです。電池を使えば Amazon Dash Button 相当のことができる予定です。

    回路図

    UART変換基板は結局秋月のAE-TTL-232Rを使いました。

    開発環境はArduino IDE 1.6.12を使っています。昔調べた方法でボードマネージャでESP-8266を使えるようにして、ボードはGeneric ESP8266 Module、FlashメモリサイズはESP-WROOM-02に合わせて1M(64K SPIFFS)を選択しました。

    2016-11-05-02-29-33

    さらに1年間の進化は素晴らしいもので、smartconfigというWiFi周りの設定をAndroidスマートフォンでやる仕組みが登場していました。ArduinoのコードはGitHubのここから持ってきました。少しこの基板にあわせて修正したのが以下のファイルです。

    #include <ESP8266WiFi.h>
    #include <WiFiUdp.h>
    
    void setup() {
      int cnt = 0;  
    
      // set for STA mode
      WiFi.mode(WIFI_STA);
      
      // put your setup code here, to run once:
      Serial.begin(9600);
      
      // led status at pin16
      pinMode(12,OUTPUT);
      digitalWrite(12, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
      
      //configure pin0 
      pinMode(0, INPUT_PULLUP);
    
      // deplay for 2 sec for smartConfig
      Serial.println("2 sec before clear SmartConfig");
      delay(2000);
      
      // read pullup
      int isSmartConfig = digitalRead(0);
      if (isSmartConfig==0) {
        // bink for clear config
        blinkClearConfig();
        Serial.println("clear config");
        // reset default config
        WiFi.disconnect();
    
      }
    
      // if wifi cannot connect start smartconfig
      while(WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
        delay(500);
        Serial.print(".");
        if(cnt++ >= 15){
           WiFi.beginSmartConfig();
           while(1){
               delay(500);
               if(WiFi.smartConfigDone()){
                 Serial.println("SmartConfig Success");
                 blinkSmartConfig();
                 break;
               }
           }
        }
      }
    
      Serial.println("");
      Serial.println("");
      
      WiFi.printDiag(Serial);
    
      // Print the IP address
      Serial.println(WiFi.localIP());
    
    }
    
    
    void blinkSmartConfig() {
        digitalWrite(13, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
        delay(50);              // wait for a second 
        digitalWrite(13, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
        delay(50);
    }
    
    void blinkClearConfig() {
      int i=0;
      while(i<=3) {
        digitalWrite(13, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
        delay(100);              // wait for a second 
        digitalWrite(13, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
        delay(100);
        i++;
      }
    }
    
    void blinkStartConfig() {
      pinMode(13,OUTPUT);
      int i=0;
        digitalWrite(13, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
    }
    
    
    void loop() {
      int isSW1 = digitalRead(0);
      if(isSW1==0){
        for(int i=5;i>0;i--){
          delay(1000);
          Serial.println(i);    
        }
        Serial.println("Power off");    
        delay(500);
        pinMode(15,OUTPUT);
        digitalWrite(15, HIGH);   // Power-off the board (HIGH is the voltage level)
        delay(5000);
      }
      delay(100);
      digitalWrite(12, 1-digitalRead(12));   // Blink the LED
    }
    
    

    修正したのは起動時のGPIO12のLEDの点灯と、ステータスのGPIOをGPIO16からGPIO13に変更、初期化が完了したら電源OFFする制御を追加したことです。これをコンパイルしてボードに書き込んでやります。

    シリアルモニタで動作を確認しながら、スマートフォンで「ESP8266 SmartConfig」というアプリを動作させてESP8266モジュールに接続させる先のSSID(スマートフォンがつながってるSSIDが勝手に表示されます)と、パスワードを入力してCONFIRMを押してしばらく待つとESP8266側の接続設定がされるという便利なものです。

    設定したSSIDとパスワードはフラッシュメモリ内に保存されて、次回は勝手にロードしてくれます。(上記のソースでは、起動後2秒たった瞬間にGPIO0がLレベルだと設定をクリアして再度設定待ちになります)

    <���������$�������ɕ����Ɂ�����
    �����5R�................SmartConfig Success
    .SmartConfig Success
    .SmartConfig Success
    
    
    Mode: STA
    PHY mode: N
    Channel: 4
    AP id: 0
    Status: 5
    Auto connect: 1
    SSID (17): xxxxxxx-yyyyyy-z
    Passphrase (10): xxxxxxxxxx
    BSSID set: 1
    ??.??.???.??
    5
    4
    3
    2
    1
    Power off

    上記は電源投入〜SmartConfigによる設定〜APへの接続〜シャットダウンまでのシリアルコンソールのログです。楽でいいですね!


  • ドコモの迷惑メール対策が糞すぎる・・・

    投稿日 2016年 10月 13日 コメントはありません

    最近になって、いわゆるドコモメールのアドレスに膨大なスパムメールが送られてくるようになりました。

    大部分は存在しないドメイン(ランダムな文字列+.co)をfromとするもの。

    当然、そんなドメインは逆引きできないはずなので「存在しないドメインのメールは拒否」で弾かれるはずなのに、突如として大量に流れてくるようになりました。(さらに、ドメイン指定受信をしているのですが、当然そんなドメインは受信対象にしていません)

    それでパケット代を稼がれるというのは不愉快極まりない。

    そろそろ、ドコモとおさらばする時期が来ているのかもしれない。

     


  • 普通にはadbで認識できないAndroid機を認識させる

    投稿日 2016年 9月 10日 コメントはありません

    通常のAndroid機は /etc/udev/rules-d/51-android.rules にベンダIDを追加してやるとadbで操作できるようになるのですが、coviaのFLEAZ F4s/F4s+は認識することができません。いろいろ試してみたところ、わかってきたことをメモしておきます。環境は LinuxMint18 MATE edition 64bit です。

    まずはUSBのデバイスIDを調べます。(必要なもの以外は結果から削除しています)

    $ lsusb
    Bus 001 Device 016: ID 0a5c:e688 Broadcom Corp.

    BroadcomのチップのベンダIDそのままのようです。(これはF4sのもの。F4s+はデバイスIDはe681になるようです)
    とりあえず、/etc/udev/rules-d/51-android.rules にベンダIDを記載して再読み込みさせてみます。

    $ cat /etc/udev/rules.d/51-android.rules 
    SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="05ac", MODE="0666", GROUP="plugdev"
    $ sudo udevadm control -R

    この状態で、USBを抜き差ししてから adb コマンドを叩いてみても、

    $ adb devices
    List of devices attached

    となって、デバイスが見つかりません。
    いろいろググると、~/.android/adb_usb.ini にベンダIDを書くとよい、というような記載をいくつか見つけたので試してみます。

    $ cat .android/adb_usb.ini 
    0x0a5c
    
    $ sudo service udev restart
    $ adb kill-server
    $ adb devices
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    List of devices attached 
    ???????????? no permissions

    状況が変わりました。この状態で TCP/IP 接続でデバッグする設定にしてみます。

    $ adb tcpip 5555
    error: insufficient permissions for device

    パーミッションで蹴られてしまいました。ルート権限で試してみます。

    $ sudo adb kill-server
    $ sudo adb start-server
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    $ adb devices
    List of devices attached 
    F4Sxxxxxxxxx unauthorized
    
    $ sudo adb tcpip 5555
    error: device unauthorized. Please check the confirmation dialog on your device.

    端末上にデバッグ接続可否のダイアログが出ていたので、許可してみます。

    $ adb tcpip 5555
    restarting in TCP mode port: 5555
    $ adb install xxxxxxx.apk
    2460 KB/s (261419 bytes in 0.103s)
     pkg: /data/local/tmp/xxxxxxx.apk
    Success

    となって無事にインストールできました。

    改めて /etc/udev/rules-d/51-android.rules を削除してやってみました。
    どうも、/etc/udev/rules-d/51-android.rules は必要ないようです。
    一般ユーザー権限では、

    $ adb devices
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    List of devices attached 
    ???????????? no permissions

    となってパーミッションエラーになりますが、通常の Android機はルート権限で adb server を起動すると認識できるようです。

    $ sudo adb kill-server
    $ sudo adb start-server
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    $ sudo adb tcpip 5555
    restarting in TCP mode port: 5555

    さらに、今回の covia FLEAZ F4s/F4s+ のようになにもしないと認識しない機種でも、 ~/.android/adb_usb.ini にベンダIDを書いてやれば認識できるようです。

    $ echo "0x0a5c" > ~/.android/adb_usb.ini
    $ cat ~/.android/adb_usb.ini 
    0x0a5c
    B ~ $ adb devices
    List of devices attached
    
    $ sudo adb kill-server
    $ sudo adb start-server
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    $ adb devices
    List of devices attached 
    F4Pxxxxxxxxx device
    
    $ sudo adb tcpip 5555
    restarting in TCP mode port: 5555

    ここで F4s+ を外して F4s を接続してみます。

    $ adb devices
    List of devices attached 
    F4Sxxxxxxxxx device
    
    $ sudo adb tcpip 5555
    restarting in TCP mode port: 5555

    となり、無事に認識しました。


  • FreeCADを使ってみた

    投稿日 2016年 8月 13日 コメントはありません

    Wings 3Dに引き続き3Dデータの作成に挑戦するため、やはりSynapticでLinuxMint 18 x64の環境にインストールできるFreeCADを試してみました。

    試行錯誤しながら動かしていたのですが、自分のように他の人が3DCADを使っているところを見たことがあれば、こちらの紹介記事をみながら何とか使えそうな感じです。操作で最もわからなかったのが、視点の変更。平行移動がマウスの中ボタン(スクロールホイール)を押しながらマウス移動、回転させるのが中ボタン+左ボダンを押しながらマウス移動ということです。

    で、あれこれしながら作ってみたデータはこんな感じ。

    sample1

    何かの基板を入れるようなケースを意図して作ってみたのがこんな感じ。

    sample2

    データ作成にあたっては、各オブジェクトの位置(穴や凹みは引き算で作ってますので、引くためのオブジェクトも含む)の座標や大きさなどを数値で打ち込んで行くイメージになりそうな感じです。なので、ラフスケッチのイメージを作っておいてから作業着手するのが良さそうです。3Dプリンタで簡単なものを作ったり、KiCAD用の3Dモデルを作る程度であれば、自分でも何とか使えそうです。(KiCADに持っていく方法やピンを作る方法は別途考えないといけないですが・・・)

    他に少し古いバージョンを対象に書かれているようですが、こちらのサイトも参考になりそうです。


  • Wings3Dを使ってみた

    投稿日 2016年 8月 10日 コメントはありません

    久しぶりにKiCADを使って設計をしているのですが、出来上がりのイメージを高めるwには、やはりライブラリに3Dデータが欲しくなります。

    で、無料で3Dプリンタ用データを作れるフリー3Dソフト一覧というページを参考にしてLinuxで使えるツールの中から、SynapticでインストールできるWings 3Dを試してみました。

    オープンソースであることと、UIがシンプルで初めての人にも使いやすい、ということが特徴のようです。

    で、早速Synapticからインストールして試してみました。

    Wings3D

    基本の図形を並べて変形させていくような感じの操作方法で、精密なデータを作るのは多少しんどいかもしれないのですが、作ったデータはKiCADで使うデータは基板製造用のガーバーデータには関係ないですし、雰囲気がわかればいいのでまずまずの印象でした。

    ・・・が、本番のデータ作成にトライしてみようと、そこまで試しに作成してみた形状を保存しておこうとしたところ、

    Wings3DError

    となって保存できませんorz。

    うーむ・・・。

     


  • AndroidタブレットをLinuxのサブディスプレイにする

    投稿日 2016年 8月 9日 コメントはありません

    外出時にノートPCで作業していると、1366×768の画面ではどうしても狭く感じます。・・・で、ぐぐってみたところ、AndroidをLinuxのサブディスプレイにする方法がある模様。どうやらVNCを使うようなので、やってみました。

    環境は以下の通り。

    • サーバ側はLinutMint18 x64
    • クライアント側はNexus7(2012) + Android4.4.4

    です。

    作業にあたってはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

    1.Linux側(サーバ側)

    Synapticでvnc4serverをインストールします。vnc4serverを使うのはSynapticにあるからです。

    インストールしたらVNCサーバを起動します。

    $ vncserver :1
    You will require a password to access your desktops.
    Password: ********
    Verify: ********

    起動したら接続用のパスワードを設定します。パスワードは8文字までで、8文字を超える長さの場合には最初の8文字が使われるようです。

    2.クライアント側(Android側)

    クライアント側はGoogle PlayストアでVNC viewerをインストール。

    起動したら、接続先として「Linux側のIPアドレス:5901」、接続名を適当な名前を設定します。接続するとパスワードを聞かれるので、vncserverを起動する際に設定したパスワードを入力します。ポート番号の5901は5900に:1の1を足して5901となっています。

    3.x2vncのインストール

    Synapticでx2vncをインストールする。インストールしたら以下のようにして起動する。

    $ x2vnc -shared -west localhost:1
    x2vnc: VNC server supports protocol version 3.8 (viewer 3.3)
    Password: ********
    
    x2vnc: VNC authentication succeeded
    x2vnc: Desktop name "(ホスト名):1 (ユーザー名)"
    x2vnc: Connected to VNC server, using protocol version 3.3
    x2vnc: VNC server default format:
    screen[0] pos=1003
    Xinerama detected, x2vnc will use screen 1.
    x2vnc: pointer multiplier: 0.930491

    として起動します。この状態でマウスは行き来できるようになっています。
    が、ウインドウは行き来できません。ウインドウマネージャがいないような雰囲気です。しかし、サブディスプレイ側(Android側)ではコンソールウインドウが開いているので、そこでfirefoxを起動するとサブディスプレイ側にブラウザを開くことができました。とりあえずWebを参考にしながら何か作業したり、viやxedで設定ファイルを編集したりする分には十分です。

    ここで一旦終了させます。

    $ killall x2vnc
    $ vncserver -kill :1

    VNCのパスワードを変更します。

    $ vncpasswd
    Password: ********
    Verify: ********

    4.まとめ

    インストールが完了したら、以下の手順で起動できます。

    $ vncserver :1 -depth 15 -geometry 1280x800 -alwaysshared
    $ x2vnc -shared -west localhost:1

    画面サイズはNexus7(2012)の画面サイズです。Android側でフルスクリーンにしておけばちょうどよくなります。

    IMG_20160809

    サブディスプレイとして使っている様子はこんな感じです。USBケーブルは電源供給専用で、接続はモバイルルータ経由です。


  • Raspberry Pi3でネットワークブートなどが可能に?

    投稿日 2016年 8月 5日 コメントはありません

    まだ正式版ではないようですが、Raspberry Pi3でUSBメモリやネットワークからのブートが可能になるようです。

    リンク先によると、USBマスストレージとして起動するデバイスブート、USBホストとして起動するホストブート、マスストレージデバイスから起動するマスストレージブート、イーサネットから起動するネットワークブートが選べるようです。

    ブートシーケンスの資料によると、GPIOで起動モードを設定すると、CPUに内蔵のワンタイム(OTP=One Time Programmable)ROMから起動して、更にどのデバイスから起動するかの設定をGPIOから読み込むようです。

    ネットワークブートは設定がちょっと面倒な感じだけど、一度設定してしまえばクライアント側の劣化部分(要はSDカード)がほとんどなくなるのでちょっと便利かもしれない。設定方法はたぶんここ(最初のリンクの中にある)でしょうか?
    でも、Raspberry PiのEthernetはUSB越しなので、USB抜き差しで不安定になることがあるような感じなので、用途はかなり限られる気がしますが、大量のRaspberryPiのルートファイルシステムをあれこれしながら動かす用途であれば便利かも・・・ですね。クラスタとかなにかの観測ネットワークとかかな?

    自分は・・・たぶんやらないだろうなぁ・・・。


  • miredoでIPv6を使ってみる

    投稿日 2016年 7月 24日 コメントはありません

    NATではないIPアドレスが欲しいのだけど、V4は無理・・・なので、トンネル越しのIPv6を試してみた。

    といっても、LinuxMint18では非常に簡単で、SynapticでToredoのLinux実装らしいmiredoをインストールすると、ifconfigでteredoというデバイスが増えてIPv6が使えるようだ。

    ・・・が、再起動するといなくなっている。

    $ sudo service miredo start

    とすると復活するのだが。

    調べてみると、起動中に “teredo-debian.remlab.net” というホスト名を解決できないために起きる既知の問題の模様。