ともの技術メモ

趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。
RSS icon
  • WesternDigital、低速病発病

    投稿日 2014年 2月 9日 コメントはありません

    TV録画機用に仕立てたCeleron847のWindows8 ProfessionalのマシンがタイマーでのS3からの復帰でBIOSがディスクを認識せず立ち上がらなくなってしまいました。その状態ではコールドブートもできません。しかし、いろいろ悪戦苦闘していると立ち上がる場合もあるようで、なんだろうと思っていたら使用中にフリーズするようになりました。
    どうやらこのマシンに入っているWesternDigitalのCaviarGreenシリーズ(うちのはWD15EARS)は低速病と言われる不具合が多発しているようです。

    参考:WD Caviar Green WD15EADS の低速病が起こったり直ったり

    で、どうやらしばらく電源をOFFしておくとしばらくは復旧するような傾向を掴んだので、いろいろ試してみました。

    • 現象発生時には起動時にはディスクとしては認識するが、ブートセクタが読めないのかブートはできない。
    • 起動してしまえば、数時間は動作する。
    • 起動中に発生するとフリーズしたように見えてしまう。
      (実際にはゆーーーーっくり動いているみたい)
    • 発生したら、電源OFFして数時間放置すると一時的に回復する。

    なので、とにかく起動した際にシステムバックアップとシステム修復ディスクを何回かのトライの後に作成することができました。(再インストールして環境再構築するのは嫌なので・・・)

    ちなみに、HDDから起動できない状態でUSBメモリに入れたSystemRescueCDで起動するとぱっと見は何事もなかったようにアクセスできる感じです。(データ救出のために使っただけなので、きちんと速度が出ているかはわかりません)

    で、とりあえず手持ちの320GBのHDDにシステムパーティション(約120GB)だけでも復旧させてみようと思ったら・・・「サイズが小さくて入りません」・・・だと。実使用領域は30GBにも満たないはずなのに・・・。うーむ。

    それよりもFreeNASマシンに入っている2TB×3台(2台でZFSミラー、残り1台がバックアップ)のうち、2台がWD CaviarGreenだったりします。こいつら何とかしないと・・・。

    ちなみに、このマシンもWD5000AAKXだったりするんですが、最近妙にGoogle Chromeが重かったりします。他にも時々不思議に重い挙動が・・・?
    CaviarGreenではなく2.5inchのBlueなんですが関係あるんでしょうか??


  • Kickstarterで初めてのサポートしてみた

    投稿日 2014年 2月 2日 コメントはありません

    たまたま久しぶりにKickstarterをみてみたら、ブレッドボードで使うワイヤーを好きな長さで作るための治具、その名も「Wire Stripping Gauge」というのが出ていました。こちらは日本の方が出資を募っているようで下記の製品紹介ビデオも日本語です。Kickstarterの中にリンク先にWebサイトもありました。

    ビデオをみてもわかるとおり、グチャグチャになりがちなブレッドボード(例えばこんなの)をブレッドボードのままで綺麗につくることができるというのが素晴らしいです。ビデオをみると、もう完成度の高い試作品もあり使い方もきちんと説明されていますので、リスクも低そうです。

    そしてこちらにてKickstarterのアカウント登録からAmazon.com経由での出資方法まで説明があったので、つい$23のセットをポチッとしてしまいました(^^;。届くのが楽しみです。

    #他にもKickstarterのアカウント登録などについてこんな記事もありました。

    ちなみに出資期限は日本時間の2月3日午後11時までのようです。


  • 太陽光発電は本当に成り立つのか?

    投稿日 2014年 1月 24日 コメントはありません

    先日、シャープが茨城県の太陽光発電所の商業運転を開始したというニュースをみました。

    プレスリリースによると「設置容量は約2.8MW-dc、年間予測発電量は約319万kWhとなり、一般的な家庭の年間消費電力量に置き換えると約880世帯分に相当」と書かれています。
    さて、880世帯というとどのくらいなのでしょうか??

    まず、この発電所の場所を探します。プレスリリースの写真の後方に写っている森と、送電線(鉄塔)と、周囲の水田などの形状から以下の場所と思われます。グーグルマップではまだ工事中みたいですね。


    大きな地図で見る

    ここで、左下に写っている住宅地と比較してみます。キャプチャして、塗り絵してみました。

    newtown

    今回の太陽光発電所が右上の黄色い区画です。一方で、各区画の家の戸数を数えて記載しました。青い部分の中央部はショッピングセンターなので、戸数から除外しています。また、左のピンクの部分は新しい分譲地域なのか、道路の形状も異なっていてかなり歯抜けで家が建っていますが、ここでは建っている分だけ数えています。ここにある数値を足すと885軒で、今回の発電所が供給できる880世帯とほぼ同数となります。

    ここからわかることは、885戸の占める面積と880世帯に電力を供給できる太陽光発電所の占める面積の比率は4:1くらいであるということでしょうか。つまり、仮に太陽光発電だけで電力需要をまかなおうとするとその宅地面積の1/4くらいの面積を発電所にしなきゃいけないってことです。(その他に、夜間や悪天候時の電力供給をどうする、という話もありますが、それをなんらかの方法でクリアできたとしても、です)

    こんなんでやっていけるんでしょうか??


  • 100000年後の安全を見た

    投稿日 2014年 1月 23日 コメントはありません

    都知事選に絡んで話題になっている「100000年後の安全」が無料配信されているので見てみました。

    放射性廃棄物の管理が重要なのはいうまでもないこと。一方で、長期保管が必要で、その頃に人類がどうなっているかわからないので、それに耐えうる自立していて継続管理が不要な最終処分場をつくっているフィンランドの話。

    構造的に十分なものを作るのは当然なんだけど、その情報をどうするか、という話に長く時間が割かれています。

    氷河期が来てその地域の地上の全てが現在のレベルの文明も含めて無に帰した場合には、処分場自体が見つからない・暴かれないようにする。そうでない場合には、最終処分場についての情報を後世に伝えていく、という方針でなにがおかしいのか、と思いました。

    ここに「みつからないようにする」と「情報を伝える」の間の矛盾はないと思うのですが、やたらと突っつきまわしています。前提条件が違うのにそこを突っついて何がしたいんだか。

    まあ、18億年前から安定している岩盤があるフィンランドと地殻変動が激しく地震の多い日本では事情が異なりますが、ドキュメンタリー系の映画に時々あるイライラする内容でした。


  • ウチのデジカメたちを整理してみた

    投稿日 2014年 1月 18日 コメントはありません

    うちのデジカメたちを整理してみました。数えてみたら11台。うーん。

    1. CLIP-IT80(富士フィルム)
      最初に買ったデジカメ。1998年発売。85万画素。固定焦点5.5mm(35mm換算40mm)。A60購入後は会社用デジカメとして使用。
      電源入れたら動いたけど、スマートメディアを読み込むためのリーダーが無い・・・。
      GCLIPIT80-1 GCLIPIT80-2
    2. PowerShotA60(キヤノン)
      2台目。2003年発売。200万画素。非常に気に入っていたカメラ。A70とCCDの画素数が違うだけとのことだったので、画素数が少ない(=ノイズ特性が一般的に良好)方を購入。3倍ズームがついて値段も手頃で絵も綺麗。マニュアル撮影ができて面白かった。
      GPSA60その後、ソニー製CCDの不良(内部で接続が外れるらしい)による修理を経て、
      ヤフオクで格安で入手した防水ケースと共にシュノーケリング用カメラとして使用。
      Gs_IMG_1535R Gs_IMG_1547R Gs_IMG_2145R Gs_IMG_2166R Gs_IMG_2268R(ここまでの5枚は撮影後にホワイトバランス補正している)
      Gs_IMG_4182 Gs_IMG_4264 Gs_IMG_5039 Gs_IMG_5164各地で撮影後、セブ島でシュノーケリング中に浸水。ケース内で海水の電気分解による塩素ガスが発生して電池電極が融けかかったものの、幸い気づくのが早かったため故障はしなかった。
      Gs_IMG_6085_R Gs_IMG_6129_RGs_IMG_5952_R (この3枚が浸水直前の画像。この3枚も色補正してある。)
      このデジカメ、添付メディアは8MBくらいのCompactFlashだったけど、その後、1GBのCompactFlashでも動いた。しかしCompactFlashの速度向上につれて、連写の速度も向上。速すぎるCompactFlashでは時々撮影に失敗するという現象に出くわした。
    3. SP-560UZ(オリンパス)
      3台目。2007年発売。イオンレイクタウンのオープンの際にワゴンセールされていたのを購入。スーパーマクロモードで小さな物を写したり、自作のインターバルタイマーを接続してTimeLapse動画を作ってみたり、面白いカメラでした。
      OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    4. Optio E50(ペンタックス)
      2008年発売。800万画素。旅行にいくために成田に向かう途中で「カメラの充電器忘れた」という嫁に、成田のイオンで買わされたデジカメ。とにかく写るものという選択だったので絵が綺麗とは言えなかった。また、単三電池2本で駆動のため、アルカリ電池での場合に恐ろしく電池の持ちが悪かった。(それでも後述のSZ-30MRよりマシだし、エネループであればそれなりには持った・・・が、充電式電池をまともに使えない嫁にはどうにもならなかった)
      現在は会社の机の中に放置。たかがデジカメを使うのに1日以上前に設備としての予約がいるというのは馬鹿馬鹿しいので自前で準備。
      GOPTIO
    5. PowerShot S90(キヤノン)
      2009年発売。1000万画素。SP-560UZでは大きくて普段持ち歩きにくいので購入。裏面照射CCD搭載で暗いところでも綺麗に写るようになった。F2のレンズ搭載でボケさせることもできる。・・・が、暗いところで綺麗に写るところを見せたら、購入直後に嫁さんに奪われてしまった。現在も稼働中。
    6. CyberShot HX5V(ソニー)
      2009年発売。S90を奪われてしまったので代わりに購入。裏面照射CMOSセンサ搭載で暗いところでも写るけど、ワイド端でもF3.5なのでS90ほどの面白みはない。ただ、このデジカメ、なによりも動画機能が素晴らしい。強烈な手ブレ補正がかかるので、スキーの際に滑りながら手持ちビデオ撮影ができる。こんなビデオカメラが自分が学生のころにあれば・・・と思う。10倍ズームは実用的で、何があるかわからないけどとにかく1台持ち出すというならこいつだった。
      GHX5V-2GHX5V-1
    7. EOS Kiss X2ダブルズーム(キヤノン)
      2008年発売だけど、2009年にX3が出てから安くなったところで購入。その後、便利ズームB003とか、F2.8通し標準ズームB005とか購入。やっぱり綺麗です。さらにEF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMとか購入して、広角レンズの楽しさにハマる。ただ、やっぱりデカい。重い。「写真を撮りにいくぞ~」という気合がないと持ち出すのが億劫になってしまう・・・。
    8. IXY210F(キヤノン)
      CHDKを動かすためのデジカメとしてPC DEPOにて3,980円にて中古品を購入。まだ現行機種だった間だったと思うのだけど。ソッコーでCHDKを導入してTimeLapse撮影用カメラとして使用。「ボ撮ルンです 」と組み合わせて東京スカイツリーからTimeLapse動画を撮影したりした。GIX210F結構綺麗に写ることと小さくて軽く、電池の持ちもいいので、荷物を極力減らしたいけどスマホのカメラじゃなぁ・・・という時に放り込んでおくカメラになった。
    9. RICOH PX(リコー)
      防水デジカメ。自分用。残念ながら水中(というより動きながら?)で結構ピントを外すことが多い。しっかりした感じでアウトドアでの安心感はあるのだけど。
      GPX-1 GPX-2 GPX-3 GPX-4
    10. FinePix Z33WP(富士フィルム)
      防水デジカメ。嫁用。非常にチャチな感じがするが、問題はない。室内で撮影するとPXの方が綺麗にみえるが、屋外や水中ではRICOH PXよりも絵作りは綺麗だと思う。さすがフィルムの会社といったところか?
      GWP-1 GWP-2 GWP-3 GWP-4 GWP-5
    11. SZ-30MR(オリンパス)
      2011年発売。HX5Vに変わる「とりあえず持っていこう」という時用にSP-560UZなみの楽しさと小型化を期待して購入。しかし強烈な電池の持ちの悪さで落胆させられてしまう。寒いところでは数枚撮ったらもう電池マーク・・・。電池の持ちさえよければいいデジカメなんで、もう5ミリ厚くてもいいから一回り、二回り大きな電池にしてほしかった・・・。ちなみに電池はRICOH PXと同一形状。
      OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     


  • ThinkPad R31にCentOS6.5を入れてみた

    投稿日 2013年 12月 28日 コメントはありません

    もう10年以上前に購入したThinkPad R31(IBMのロゴ入りです!)を死蔵していたのですが、CentOS6.5を入れてみることにしてみました。
    これまで死蔵していた理由は、さすがにCeleron1GHz(最近のCeleronではなくて、PentiumIIIの頃のCeleronです)とメモリ512MB(これでも限界まで増設してあるのです)ではWindowsXPといえどもセキュリティ対策ソフトが入っていると非力過ぎることと、なぜかX-windowを動かすとしばらくして画面が死んでしまうのでLinuxで使うこともできないことでした。
    しかし、近頃見つけた(出ている)CentOS6.5のライブCDを一晩動かしていても安定しているようなので、インストールしてみることにしました。

    ところが、ライブCD上の「Install to HardDrive」を何度クリックしても、しばらくCD-ROMにアクセスした後沈黙してしまいます。ライブCDではなく、ライブDVDにしてもだめ。そこでライブDVDでコンソールを開いてインストーラを起動してメッセージを確認して見たところ、メモリ不足でグラフィカルインストーラは起動できず、コンソール内でCUIのインストーラが立ち上がっていました。

    で、HDDのWindowsXP以外を削除した後の空き領域にインストールするよう操作を進めてみたところ、rootのパスワードやタイムゾーンなどの質問のあと、ライブDVDの内容をコピーを行って指示にしたがってリブートしてみたところ、様々な初期の設定項目がでてきました。

    再起動後、適当に設定していったところ、CUIのログイン画面へ到達。rootでログイン後、一般ユーザーを作成して、再ログイン。startxで無事にXが起動しました。とりあえずは画面が死んでしまうことはない感じです。これから日本語化や各種サービスのインストールを続けるか、あるいは様子をみてWindowsXP領域を含めてすべてCentOSにするか考え中です。


  • baidu.jpへの通信を遮断

    投稿日 2013年 12月 27日 コメントはありません

    百度(Baidu)が提供しているIMEのBaidu IMEやSimejiが入力した情報を無断で送信していたというのがニュースになっています。BaiduのIMEはいろんなソフトにバンドルさせてインストールさせようとするので、いつの間にか・・・ということもあろうかと思います。
    自分の場合はLinux中心なので(とりあえずBaiduについては)心配いらないのですが、念のため自宅の無線ルータでブロックすることにしました。

    Whoisによると119.63.192.0 – 119.63.199.255が百度JPのアドレス範囲ということらしいので、119.63.192.0/21 へのパケットを遮断する設定をしてみます。(他にこの範囲にない 112.78.125.22 というのもあるようなので、これも設定します)

    まず、ルータの設定画面を開きました。

    screen1

    詳細設定の中に、「パケットフィルタ設定」があるので、これを開きます。下記画面はさらに「11~20」を押して11番目から20番目のエントリを表示したところです。この中の下の2つ(優先度が19と20)がBaidu関連のもので、すでに設定した後の画面です。(1~18はデフォルトで設定されていました)

    screen2

    「追加」を押してエントリーを追加します。外向き(out)パケットを廃棄させるように設定します。優先度には他と重ならない値を設定します。

    screen3

    これで「設定」を押した後、「保存」を押して保存して完了です。(同じようにもう一つの設定も行います)

    ルータで設定すればOSも関係ないし、PCが何台あってもルータ1台設定すれば完了ですので楽ちんです。ただし、simejiを使うスマホはルータを通らないので、個別に削除するなどの処置が必要です。

    BaiduのIMEはいろんなところにバンドルさせたり、公告を出したりしてどうやって金儲け・・・と言わないまでも、運営しているかわからなかった(どう考えてもまともにビジネスモデルが成り立つと思えない)ので裏に何かあるのではないかと気持ち悪かったのですが、やはりカラクリがあったと思わざるをえないですね。


  • 全ファイルスキャンしてみた

    投稿日 2013年 12月 22日 コメントはありません

    年の瀬ということもあり、所有する全ファイル(すべてのファイルがFreeNASに入っている)をKasperskyでウイルススキャンをかけてみたところ、秋月で買ったGPSデータロガー GT-730FL-S に添付のCDROMのアプリケーションにトロイの木馬があるという警告が出た。とりあえず、このファイル(ImageSetup_Canmore.msi)を削除して再スキャン。

    ・・・その後、問題のあるファイルはこれだけだった。
    でも、このGPSロガー、結構あっちこっち出回ってたと思うんだけど、大丈夫なんだろうか?


  • TOCOS Wireless Engineを試してみた

    投稿日 2013年 12月 21日 コメントはありません

    秋月でTOCOS Wireless Engineを入手してみたので動かしてみました。

    入手したのはUSBドングルタイプのToCoStickを1つと、モジュールのTWE-Lite DIPの半完成品タイプ2つです。半完成品なので、マッチ棒アンテナとピンヘッダを半田付けしないといけないです。モジュールの端子とピンヘッダの端子がかなり近いので、ショートさせないように気をつける必要があります。

    アンテナとピンヘッダを取り付けたら、初めからモジュール内にはアプリケーションが書き込まれているということで、まずはTWE-Lite DIP使用方法(初級編)に沿って動かしてみました。当然かもしれませんが、無事に動きました。本当に「あっ」という間に動くようになります。これだけで簡単なリモコンが実現できそうな感じです。(実際にはIDがぶつからないように設定変更するべきですが)

    次に、TWE-Lite DIPを子機だけ1台に設定し、ToCoStickを親機にして制御してみることにしました。
    ・・・が、ToCoStick用のアプリケーションはLinux版は存在しません。ですので、Android版を試してみました。手持ちの中華Android4.0パッドでは動きませんでしたが、Xperia Aでは問題なく動作しました。こちらの画面では電波の強度も表示できるので、自室(鉄筋コンクリートのマンションで共用通路側です)に子機を置いて、Xperia + ToCoStickの組み合わせで歩き回って見たところ、奥のベランダ側の窓際で電波強度はギリギリ、共用通路側は自室前は問題ありませんが、隣家の前まで行ってしまうと電波強度はギリギリでした。まあ、WiFiの電波も飛び交っている所ですし、窓は防犯用の網入り窓ガラス + アルミ合金製ブラインドがついている(しかも閉めっぱなし)なのでしかたがないところだと思います。

    次にToCoStickをLinuxマシンにさしてターミナルプログラムで115.2kbpsにて /dev/ttyUSB0 をみてみると、子機から飛んでくるデータがすでに見えています。TWE-Lite DIP使用方法(上級編)をみると、UARTでの制御は簡単そうです。

    また、Raspberry Piに挿して、sshでRaspberryPiにログインした後、

    $ screen /dev/ttyUSB0 115200

    とすると子機からのデータが流れてくる様子をみることができます。(終了は CTRL-A + 大文字K)

    ちょっと動かしてみただけですが、TWE-Liteは非常に扱いやすくまとめられていて、いろいろ工作のネタがありそうです。特に初めから収められているアプリケーションはIDさえ変えて混信回避の策をとれば十分にいろんなことに使えそうです。それに何といっても『認証済みの無線モジュールが秋葉原で安価に手に入る』というのは夢のようです。
    欲を言えば、縦方向に場所を取るマッチ棒アンテナではなく、チップアンテナやパターンアンテナタイプがあればいろんなものに押し込むのに便利な所ですが・・・。


  • xrdpで日本語キーボードを使う

    投稿日 2013年 12月 16日 コメントはありません

    xrdpが動いているホストに rdesktop で接続にいくと、キーボードマップが英語になってしまっており、記号入力などで難儀します。

    で、直す方法を調べたのでそれをまとめておきます。

    解決方法はこちらに記載がありますが、まとめると、記載の最後にあるファイル「km-e0010411.ini」をダウンロードして、 /etc/xrdp に以下のファイル名で置くと解決しました。

    • km-0411.ini
    • km-e0010411.ini
    • km-e0200411.ini
    • km-e0210411.ini

    つまり、

    $ cd /etc/xrdp
    $ sudo wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini
    $ sudo cp km-e0010411.ini km-0411.ini
    $ sudo cp km-e0010411.ini km-e0200411.ini
    $ sudo cp km-e0010411.ini km-e0210411.ini

    で完了です。